2017年2月の「ザ・ホンダクラシック」優勝を上げ、いまだメジャー勝利はないもののマスターズ優勝候補圏内にいる、リッキー・ファウラー。週刊ゴルフダイジェスト2017年4/18号で紹介されている、マスターズに挑む23人の‟優勝候補”たちのクラブセッティングの中から、ファウラーの14本をチェックしてみよう。

短尺ドライバーはメジャーを制することができるか?

画像: ファウラーが選んだ最強のスペック

ファウラーが選んだ最強のスペック

【1W】コブラ キングF7+(8.5度)/アルディラNV70(TX)
【3W】コブラ フライZ+(13度)
【5W】コブラ キングF6バフラー(18.5度)
【4I~PW】コブラ キングフォージドMB
【AW】コブラ キングVグラインド(50度)/コブラ キングVグラインド(55度)
【SW】コブラ キングVグラインド(59度)
【PT】スコッティキャメロン
【BALL】タイトリスト プロV1x

こちらがリッキー・ファウラーのクラブセッティング。優勝した「ザ・ホンダクラシック」から43.5インチの短尺ドライバーを導入している。

画像: 現在世界ランク8位のリッキー・ファウラー。母方の祖父が日系2世で、ミドルネームは「ユタカ」。最終日は必ず「オレンジ」を身にまとう

現在世界ランク8位のリッキー・ファウラー。母方の祖父が日系2世で、ミドルネームは「ユタカ」。最終日は必ず「オレンジ」を身にまとう

ドライバーは「短くて重くて硬い」

画像: 短くして振り抜く

短くして振り抜く

ロフト8.5度でスピンを抑え、シャフトは重く硬め。積極的なリストターンでつかまえて飛ばすスペック。

画像: 短く、振りやすくミート率重視

短く、振りやすくミート率重視

ドライバーを短くすることによって、振りやすさやミート率をアップさせている。ファウラーがマスターズを制するようなことがあれば、一気に世界中に短尺ブームが起こるかも!?

画像: シャフトは重め・硬め

シャフトは重め・硬め

飛距離性能に特化したクラブがずらり

画像: 幅広くロフト調整が可能

幅広くロフト調整が可能

3Wは、直進性が高く、飛距離性能は申し分なし。可変式でロフト調整機能。

画像: ストレートネックでシャープなアイアンをチョイス

ストレートネックでシャープなアイアンをチョイス

シャープな顔のキングフォージド。ボールは飛距離性能の高いプロV1xで、そこにもオレンジマークが入れられている。オレンジは出身大学であるオクラホマ州立大のチームカラーだ。

画像: リッキーカラーの「オレンジ」が入ってる

リッキーカラーの「オレンジ」が入ってる

マスターズ2017の前哨戦「シェル・ヒューストン・オープン」で3位タイに入るなど、好調なリッキー・ファウラー。短尺ドライバーでどのようにオーガスタに挑むのかが注目だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.