近所のゴルフ場でラウンドしていそうなひょろっと背の高い青年が、トッププロたちに交じってパッティング練習していたので聞くと、全米ミッドアマ優勝の資格で今年マスターズに出場する選手だという。一体どんな人物だろう?

彼の名はスチュワート・ヘイジスタッド、このミッドアマチャンプが初めてマスターズを予選通過した。徹底したスライサーだが、球が低いロースライサーなので、強風のなかで威力を発揮したか。ドローヒッター有利と言われるオーガスタで、自分の”持ち味“を徹底して出すという戦い方は、人生にも通じる。スライスに悩む我々も、彼のプレーぶりを見習うべきかも!

画像: 独特のパッティングスタイルの彼こそが、ヘイジスタッド

独特のパッティングスタイルの彼こそが、ヘイジスタッド

マスターズが終わった翌日の月曜日にプロ転向を予定している全米アマチャンプ、小柄で長い髪を後ろで束ねるオージー、カーティス・ラックとのローアマ争いをひそかに注目したい。

画像: こちら全米アマ王者。ローアマ(アマチュア最上位)争いにも注目だ

こちら全米アマ王者。ローアマ(アマチュア最上位)争いにも注目だ

追記:我々アマチュアが見習うべき精神の持ち主は、初マスターズのデビューホールでいきなり右にOB、トリプルボギースタートなのに、我慢を重ねて2オーバーで予選通過したブライアン・スチュワードだ!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.