アスリートゴルファー御用達のブリヂストンゴルフ「ツアーB」シリーズから、ツアーモデルウェッジの「ツアーB XW-1」と「XW-2」の2種類が2017年5月19日(金)に発売となる。一体どんなクラブなのか? さっそく、チェックしてみよう。

アスリートゴルファーにターゲットを絞ったシリーズ

アスリートゴルファーにターゲットを絞った「ツアーB」シリーズ。ブリヂストンのタイヤ技術の研究部門とタッグを組み、クラブを徹底的に“科学”したのが特徴だ。

今回、ウェッジに新しく搭載されたのが「バイティングレールミルド」。フェースの溝と溝の間に平行かつ均等に、ミーリング加工を施した。

画像: フェースの溝と溝の間にミーリング加工

フェースの溝と溝の間にミーリング加工

一見すると普通のウェッジのフェース面のように見えるが、実は溝と溝の間をよ〜く見ると、加工が施されているのが。フェース面をアップで見た写真がこちら。

画像: フェース面の拡大図

フェース面の拡大図

この加工によって、あらゆる状況下で、アスリートゴルファーの求める高いスピン性能を発揮できるようになるという。たしかに、イメージ的にもスピンがかかりそうだ。

まるで手の一部のようなフィーリング「XW-1」

では、2モデルをそれぞれ個別に見ていこう。まずは、「XW-1」。様々なライからの操作性を考慮した、トレーリンググラインドソール。上げる、転がす、抑えるなど、自在なアプローチを高次元で可能にする。

画像: ブリヂストンゴルフ契約プロの使用が想定される「XW-1」

ブリヂストンゴルフ契約プロの使用が想定される「XW-1」

形状は、多彩なアプローチに対応するティアドロップ形状。

画像: 形はオーソドックスなティアドロップ形状

形はオーソドックスなティアドロップ形状

まるで包み込むようなフィ-リングの「XW-2」

続いて、「XW-2」。こちらは今どきちょっと珍しい、丸型グース形状となっている。

画像: 低く抑えた弾道によるアプローチを実現

低く抑えた弾道によるアプローチを実現

地面へのコンタクトをサポートするフラットソールで、抜けの良さを追求した。

画像: アスリートマインドあふれる丸型グース形状

アスリートマインドあふれる丸型グース形状

価格はシルバー仕様が2万円+税、ブラック使用が2万1000円+税だ。シャフトはNSプロ950GH、NSプロモーダスTOUR120、ダイナミックゴールドの3種類から選べる。溝と溝の間のミーリングでつねに安定したスピンを生み出せるというこのウェッジ。早く使ってみたい!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.