気になる1本をクラブ設計家・松尾好員氏と堀越良和プロが試打して徹底分析! 今回の1本は、アスリート向けブランド「スリクソン」から登場の、やさしさを追求した「スリクソンZ565 TG ドライバー」。果たしてその性能やいかに!?

上がってつかまる、「やさしさ追求」スリクソン

スリクソンというと、松山英樹を筆頭にプロゴルファー、アスリートゴルファー御用達というイメージのあるブランド。

そんなスリクソンが、球を簡単につかまえて、かつ上げやすいという“やさしさ”を追求したドライバーがこの「スリクソン Z565 TG ドライバー」だ。

画像: アスリート好みのチタングレーを基調にしたカラーリング

アスリート好みのチタングレーを基調にしたカラーリング

クラブ設計家の松尾好員氏によると、「クラブ重さは実測で304グラムとやや重いですが、クラブ長さが実測で45.0インチと標準の長さ。バランスはD0.5と少なめなので、クラブの振りやすさの目安となるクラブ慣性モーメントが287万g㎠に抑えられ、ヘッドスピードが43m/sくらいのゴルファーがタイミングよく振れる設計になっています」とのこと。

「また、ヘッドはオーソドックスな形状で、標準モデルよりもフックフェースとアップライトなライ角で球をつかまえるイメージが出ています。そしてTG(チタングレー)のヘッドは色の効果で大きく見え、かつ軽い印象をもたせてくれます」(松尾氏)

画像: アップライトなライ角とフックフェースでつかまるイメージが出る

アップライトなライ角とフックフェースでつかまるイメージが出る

どんなタイプのゴルファーでも「気楽に打てるスリクソン」

「試打クラブは10.5度で標準のSシャフトでしたが、クラブが長すぎないので振りやすく、かつシャフトはかなり軟らかめの設定なので、ヘッドスピードが40m/sくらいのゴルファーでも十分扱えそうです。そしてMIYAZKIシャフトの安定感でストレート系弾道が打ちやすく、適度なスピンも入るので弾道がそろいやすい。フェアウェイキープ率が高くなる感じです」と松尾氏は分析。

いっぽうの堀越プロは、
「構えてみると、フックフェースとアップライトなライ角で右にいくイメージがまったくわかないクラブです。打感は硬めで弾きが強く、ヒール以外のどこで売っても飛距離のロスが少ないですね。専用のMIYAZAKIシャフトはどんなタイプのゴルファーにも合い、“気を使わずに打てるスリクソン”といった感じです」と、共にやさしく球が上がる手ごたえを感じた結果となった。

画像: 長い重心距離で直進性が高い

長い重心距離で直進性が高い

「Z565だとちょっと難しいけれど、アスリートモデルを使いたい、というゴルファーにはぴったりだと思います」(堀越プロ)。

やさしくアスリートモデルを使いこなしたいゴルファーにおすすめの1本と言えるようだ。

(週刊ゴルフダイジェスト2017年5月2日号より抜粋)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.