2017年の女子ツアー第8戦「フジサンケイレディスクラシック」は、背中を負傷し前試合も棄権していた吉田弓美子が、痛みが出ないように力まずに打つことを心がけ、2位と3打差の通算6勝目を挙げた。勝利を手繰り寄せたスウィングを、「みんなのゴルフダイジェスト」編集部員でプロゴルファーの中村修が解説!

【ココがポイント!】再現性が高い“コック少なめテークバック”

吉田選手のスウィングを一言でいえば「タメないスウィング」という感じでしょうか。まずはテークバックから見てみると、手首の動きを抑え、胸を回すことでクラブを上げているのがわかります(下写真左)。ヘッドを長く真っすぐ引くイメージですね。

画像: コック少なめのテークバックで、クラブを長く、低く引いていく

コック少なめのテークバックで、クラブを長く、低く引いていく

このようにテークバックすることにより、手元を体の正面にキープすることができるため、クラブを極端にインサイドに引いてしまったり、反対にアウトサイドに上がってしまうことが防げます。再現性の高いテークバックと言えますね。そのまま手首のコックをあまり使わずに体の捻転でバックスウィングをしています。

アマチュアの方のなかには手でクラブをひょいっと上げてしまう人が多くいますので、このテークバックは見習ってもらいたいですね。

【ココがポイント!】左肩を支点にしたデッカいフォローで飛ばす

切り返してもタメを大きく作らずに、浅くゆるやかな入射角でクラブヘッドはボールに向かっています(下写真左)。左腕が左胸の上に乗りクラブと腕が一直線になっていることから、当たり負けせず、ボールにパワーを伝えられるインパクトになっています。

左腕を胸に乗せたまま左肩を支点に回しているので、左ひじが引けたりせず、大きなフォローへとつながっているのも好印象です

画像: タメないダウンスウィングから、左肩を支点に腕をターンさせていく

タメないダウンスウィングから、左肩を支点に腕をターンさせていく

彼女のように左肩を支点にして、肩を縦に回すようなイメージで使うと、ややアッパー軌道になりやすく、スピンを抑えた高弾道なドライバーショットが打てると思います。カット軌道でスライスに悩むアマチュアゴルファーの方は、ノーコックのテークバックと、左肩を支点にした肩を縦に回すスウィングを、ぜひ試してもらいたいと思います。

もともと、超がつくほど明るい性格の吉田弓美子。通算6勝目を挙げたことで、今シーズンの女子ツアーを引っ張る存在になってくれることを期待したいですね。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.