ドラコン選手でともに最長飛距離が400ヤードオーバーのプロゴルファー・南出仁寛(きみひろ)と身体動作のスペシャリスト・岡本啓司。体格的に他のドラコン選手より小柄であるにもかかわらず飛ばせる鍵は「走る動き」で振る「スプリントスイング打法」にある。「飛ばしは力ではなくコツ」と言う2人の打法とは?

走る動きとスウィングは一緒

「走るときは、片方の脚を曲げ、もう片方の脚を伸ばすことで体全体を動かし、腕を振ります。ゴルフも同じ。バックスウィングでは右脚を伸ばして、左脚を曲げる。ダウンからフォローでは、左脚を伸ばして、右脚を曲げることで体を回し、腕を振るのです。体の中で一番力の強い脚を使って、スウィングすることで、より正確に、より遠くへボールを飛ばすことができるのです」(南出)

画像: 走る動きとスウィングは一緒の動きなのだ

走る動きとスウィングは一緒の動きなのだ

足踏みしながら腕を振るとスウィングになる

「クラブを持たずに前傾したら、その場で足踏みをしながら、リズムよく腕を振ります。右足を踏んだら胸を右に向け、左足を踏んだら胸を左に向けてください。ゴルフスウィングのような動きになるでしょ?」(南出)

画像: つま先を地面に着けたまま足踏みして腕を振ると、ゴルフスウィングの動きとほとんど同じ!

つま先を地面に着けたまま足踏みして腕を振ると、ゴルフスウィングの動きとほとんど同じ!

クラブを持って足踏みスウィング

「その場で足踏みするように右脚を踏んで伸ばしてバックスウィング、左脚を踏んで伸ばして腕とクラブを振ります。頭はなるべく動かさず、前傾角度をキープして、連続でスウィングしてください。これが走る動きでスウィングするという感覚です」(南出)

画像: はじめはウェッジ、慣れてきたらドライバーでやってみましょう

はじめはウェッジ、慣れてきたらドライバーでやってみましょう

「動かすのは脚だけ」これがキモ!

「脚の曲げ伸ばしでスウィングするのがスプリント打法の基本ですが、同じくらい大切なのが、体重移動をしないということです。体の中心軸をブラさずにスウィングするには、体重移動をしないで、その場で脚を曲げ伸ばす必要があるのです」(岡本)

画像: 「あくまで意識して動かすのは脚だけ。脚を動かすことで体全体が動かさせることが大切です」(岡本)

「あくまで意識して動かすのは脚だけ。脚を動かすことで体全体が動かさせることが大切です」(岡本)

「スプリント打法」は力を必要としないので、誰でも身につけさえすれば飛距離を伸ばすことができる。ぜひお試しあれ!

この記事は、好評発売中の「秘技! スプリント打法のすべて」から内容を抜粋したもの。400ヤード以上を飛ばすコツを知りたい人は要チェックだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.