栃木県佐野市は都内からのアクセスも良く、ゴルファーに人気のエリア。そして、せっかく佐野でゴルフをしたら、ぜひともご当地ラーメン「佐野ラーメン」を食べたいところ。市内には観光客向けのラーメン店も多くあるが、行くなら地元民が愛するお店がいい。ならばオススメは、「大ちゃん食堂」だ。

地元で愛されるラーメン屋「大ちゃん食堂」

「佐野ラーメン」は、栃木県佐野市が発祥のご当地ラーメン。特徴は「青竹打ち」で打たれた平たいちぢれ麺。手打ちならではの強いコシがあるのが特徴だ。

市内にはラーメン店がひしめき合う中、地元民なら知らぬ者はいないお店がある、その名は「大ちゃん食堂」だ。地元の常連客は、‟たまり場”としてここでラーメンを食べたり他で飲んだ後に締めに来たりする。つまり、地元民は最終的にここに集まるのだ。

画像: 東北自動車道、佐野藤岡ICから約15分のところにある

東北自動車道、佐野藤岡ICから約15分のところにある

さっそく、佐野ラーメン650円を注文。1杯650円という値段は他店よりも安い。運ばれてきた瞬間、醤油のいい香りが漂ってきた。佐野ラーメンは店ごとに味が違うが、大ちゃん食堂は昔ながらのラーメンといったところ。

画像: メンマ、のり、チャーシュー、ねぎと王道の具材が乗っている

メンマ、のり、チャーシュー、ねぎと王道の具材が乗っている

たっぷり入った醤油味のスープは、あっさりとしているのにコクがあり、ほのかに生姜の味がする。麺は佐野ラーメン特有のちぢれ麺だが、細いのでつるつると喉に入る。上には味の染みたやわらかいチャーシューが1枚乗っていて、主張しすぎていないので食べやすい。

ゴルフ帰りのラーメンは、決して満腹になりたくて食べるわけじゃない。小腹を満たしつつ、ただのゴルフを“ゴルフ旅”に変えてくれる。大ちゃん食堂のラーメンは、そんなゴルフ+αの思い出作りに最適な一杯だ。

画像: 大ちゃん食堂のちぢれ麺は細い

大ちゃん食堂のちぢれ麺は細い

佐野でゴルフをしたら、ぜひ寄ってみて欲しい「大ちゃん食堂」。他にも餃子やおつまみなども充実しているので、佐野ラーメンと一緒に食べてみてはいかが?

「大ちゃん食堂」0283-23-3971 営業時間11:00〜麺終了まで

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.