「スウィングを整えるには、9番アイアンが最適」と話すのは、2017年5月16日現在、女子ツアー賞金ランクトップを快走中のスマイルクイーン、キム・ハヌル。どうして9番アイアンがいいのだろう?その理由を教えてもらった。

リズムが整う!打ち急ぎがなくなる!

ドライバーと違って9番アイアンは飛ばす必要がない。だからこそスウィングを整えるには9番アイアンが最適だという。

「スウィングで大切なのはインパクトのタイミング。ドライバーのように長さがあるクラブを振り回せばタイミングが合わないのは当たり前です。インパクトでスクェアに当たる感覚を9番アイアンなら自然にマスターすることができます」(キム・ハヌル、以下同)

画像: フォローではしっかりと左足に体重を乗せる。左足をピン! と伸ばすイメージだ

フォローではしっかりと左足に体重を乗せる。左足をピン! と伸ばすイメージだ

その理由は長さが短く、適度にヘッドの重さがあるので切り返しで打ち急ぎがなくなるからだ。

「スウィングが速くなるのは私の悪い癖。タイミングを確認するのにショートアイアンの練習は効果的です」

打ち急がず、クラブと体の動きが同調すれば、体の正面でクラブをつねに管理することができる。そして、スクェアなインパクトを迎えやすくなる。この感覚をドライバーにも反映できれば、効率の良い飛ばしが実現するというわけだ。

画像: 切り返しが上手くいくとインパクトが合うのだとか

切り返しが上手くいくとインパクトが合うのだとか

また、インパクトで頭とボールは一直線上にあるのが理想。少しでも頭が突っ込むと体の回転が止まり、クラブの通り道がなくなってしまうからだ。

画像: ボールの真上に頭がある点に注目。頭が左に突っ込むと、体の回転が止まってしまう

ボールの真上に頭がある点に注目。頭が左に突っ込むと、体の回転が止まってしまう

飛ばしたいからとドライバーを振り回すのではなく、9番アイアンでしっかりとスウィングを作るのが、遠回りに見えて実は近道。練習場で実践して、キム・ハヌル顔負けの美しいスウィングを手に入れよう!

この記事は、発売中の週刊ゴルフダイジェスト2017年5/30号の特集「“9番アイアン”を打ったぶんだけ飛距離が伸びる!」の一部。この他にも、松森彩夏や今野康晴らが9番アイアンを使ったスウィング作りに関して、目からウロコのレッスンを展開している。キム・ハヌルの表紙が目印だ!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.