ドライバーをナイスショットしてフェアウェイど真ん中。ピンまではわずか50ヤード。ピタッといきたいが、ライは短いパー4や打ち下ろしホールに多い、左足下がり。この傾斜から、ナイスオンどころか、ダフリやシャンクでくやしい思いをしたことありませんか? しっかり打ってきっちり乗せる構え方を河野晃一郎プロに聞いた!

傾斜なりに振るため構えも“傾斜なり”

左足下がりでは、傾斜に沿ってウェッジを振ることが大切だと言うけれど、具体的にどうすればいいのだろう?

「平らな地面のときと同じように構えたいから、『傾斜に対して直角になるように構えます』。つまり、左足にしっかり体重を乗せ、体の軸を左に傾けるんです。平らなライから、地面だけ傾いたような状態です」(河野、以下同)

「大切なのは、『フェースもスタンスも目標に真っすぐ構え、真っすぐ振る』こと。バランスよく立つためスタンスを広く、最下点でボールをとらえるため、ボール位置は両足の真ん中です」

画像: これが構えの基本! スタンス広めでボールは両足の真ん中にセットしよう

これが構えの基本! スタンス広めでボールは両足の真ん中にセットしよう

「斜面と直角に構えると、当然、左足に体重がかかってきます。さらに、ここで『右足のかかとを少しだけ浮かせておきます』。スウィング中、右に体重移動するとダフりやすくなるので、これで左足体重を保つことができるんです。要は平らなライのアドレスを、そのまま地面だけが左足下がりになったように構えてください」

画像: 右足だけかかとを浮かせる。「ほとんど左足1本で立ってる感じです」

右足だけかかとを浮かせる。「ほとんど左足1本で立ってる感じです」

難関のひとつである左足下がりからのショットは、ラウンド中に一度は遭遇するだろう。しっかり打つには、まずはしっかりしたアドレスから! 3つのキーワードでしっかり打てる構え方を身につけよう。

河野晃一郎(かわの・こういちろう)1981年3月17日生まれ、東京都出身。ウェッジエリアの多彩なワザが持ち味。

この記事は、発売中の週刊ゴルフダイジェスト2017年5/30号の特集「最難関アプローチ 左足下がりの50ヤードをしっかり乗せる」の一部。左足下がりのアプローチ攻略法をもっと深く・詳しく知りたい人は、ぜひ本誌で。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.