常識にとらわれないデザインや柄を展開し、ゴルフ界に“パーリーゲイツフリーク”まで生み出しているゴルフウェアアパレルブランド“パーリーゲイツ”。2017年の8〜10月、秋モノのテーマは「チェック柄」だという。そんなパーリ―の展示会をのぞいてきたので紹介しよう。

こんにちは、ゴルフファッションエディターのY江です。今回はゴルフ場で存在感抜群のパーリーゲイツの秋モノ展示会に行ってきました。まだ夏前ですが、ファッション業界は常に季節を先取りしているので、この秋の流行を少しのぞいてみましょう。

この秋は“チェック推し”

画像: メンズはガンクラブチェックと迷彩、レディースはガンクラブチェックとヒョウ柄で合わせてある

メンズはガンクラブチェックと迷彩、レディースはガンクラブチェックとヒョウ柄で合わせてある

この秋のパーリ―ゲイツはチェック柄を多く使っています。チェックとひとことで言っても、チェックの種類は細かく分けると20種類以上にもなるんだとか。チェックの種類によっても印象も全然違いますよね。

百聞は一見に如かず。早速コレクションをご紹介します。

画像: 左がメンズ、右がレディース

左がメンズ、右がレディース

馴染みの深いタータンチェック柄のウェアコレクションです。タータンチェックをアクセントに使うのではなく、あえて全身をチェック柄で統一することでフェアウェイでの存在感はバツグン。

画像: キャディバッグとヘッドカバー

キャディバッグとヘッドカバー

ゴルフグッズまでタータンチェックでそろえれば完璧です。

画像: 落ち着いた印象に早変わり

落ち着いた印象に早変わり

続いては、種類の違うチェックを組み合わせるコーディネート。色とチェック柄を少し変えるだけで、まったく違った印象に。レディースは異素材感でスッキリとした印象に。

画像: 100万馬力が出せるかも?

100万馬力が出せるかも?

こちらは馬をテーマにしたコーディネート。中世ヨーロッパを彷彿とさせる馬の柄を大胆にあしらったコレクション。キャップからバッグまで柄で統一していますが、モノクロなのでくどく見えませんね。

画像: 落ち着いた赤が大人っぽい

落ち着いた赤が大人っぽい

スーツ風の全身コーディネート。少しワインレッドに近いくすんだ赤を使うことで、落ち着いた大人のコーディネートが完成しています。レディースは存在感のある大きな馬が目を引きます。ゴルフ場ではなく街中で見かけても、おしゃれなコーディネートに仕上がっています。

画像: フェアウェイによく映えそう

フェアウェイによく映えそう

最後はタータンチェックと馬柄を合わせたコーディネート。メンズのパンツもチェック柄に見えて実は馬柄。さりげなくテーマを取り入れていますね。様々な表情を持つ1着でした。

ベストやアウターなど、秋は夏にはできない重ね着やコーディネートができるので、今のうちに先取りして着こなしのイメージをしてみてはいかがでしょうか?

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.