ほけんの窓口レディースで今季初優勝を飾った鈴木愛。優勝の立役者となったのは、ずっと使い続けているピンタイプのエースパターの存在だと言う。そんな好調の彼女を支える14本の相棒とは?

好調のときも不調のときも、いつも一緒!不動のエースパター

画像: 鈴木にとって感性をもっとも活かせるピンパター「ピン VAULT アンサー2」

鈴木にとって感性をもっとも活かせるピンパター「ピン VAULT アンサー2」

今季2017シーズンは11試合に出場し、賞金ランク2位、ベスト10入り6回(2017年5月28日現在)をマークするなど、好調をキープしている鈴木愛。今季初優勝したほけんの窓口レディースでは、これまで不振にあえいでいたパットに復調の兆しを見せていた。

そんな鈴木のこだわりは、もちろん「パター」。エースパターはピンタイプで、それを替えることはほとんどないという。

「ピンタイプを好む理由は、タッチが出せるから。インパクトのフィーリングがしっかり体で感じられる点が好きです。強めに打ったり、タッチを合わせにいったりしやすくイメージが出しやすい。タッチとフィーリングが合ってくると、パッティングの調子はかなり上がってきます」(鈴木)。

ウッド系の精度の高さにも注目!

シーズン序盤は、得意のはずのパッティングに悩まされ、思うような力が発揮できなかったと言うが、ショット自体の調子はかなり上がっていた。パター以外のクラブでは、ウッド類にこだわりをもっているそうだ。

「コースセッティングやマネジメントに合わせて、5番ウッドを7番ウッドやユーティリティに替えています」(鈴木)

画像: 「イメージ通りの弾道が出せる」と愛用中のドライバー「ピン G」。スムーズなヘッド軌道がスウィングをサポート

「イメージ通りの弾道が出せる」と愛用中のドライバー「ピン G」。スムーズなヘッド軌道がスウィングをサポート

画像: 試合によって5番ウッドは7番ウッドに変更することも。3W「キャロウェイ ビックバーサアルファ」、5W「ピン G」

試合によって5番ウッドは7番ウッドに変更することも。3W「キャロウェイ ビックバーサアルファ」、5W「ピン G」

画像: 距離のあるパー3などで活躍。「楽に高弾道が打てて、グリーンに止められる」(鈴木)というUT「ピン G ハイブリッド」(22度)、「ピン G30 ハイブリッド」(26度)

距離のあるパー3などで活躍。「楽に高弾道が打てて、グリーンに止められる」(鈴木)というUT「ピン G ハイブリッド」(22度)、「ピン G30 ハイブリッド」(26度)

夏場にかけて毎年調子を上げてくる鈴木。得意とするパットはもちろん、フェアウェイウッドやユーティリティの精度にも注目していきたい。

※詳しいスペックは、週刊ゴルフダイジェスト2017年6月6日号をチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.