発売直後から絶大な人気が衰えることがない「GBBエピック サブゼロ」。アレックス・ノレンやダニー・ウィレットなど、数多くのトッププロが使用中のドライバーだ。難関コース・エリンヒルズGCを攻略して、モンスタードライバーは全米オープンを制することができるのか?

さぁ、出撃だ!モンスターコースを倒す準備は整った

ジェイルブレイク――。檻を突き破るほどのヘッドスピードとボール初速、そのデビューはあまりにもセンセーショナルだった。

カーボンコンポジットドライバーのパイオニアであるキャロウェイゴルフが満を持して投入したドライバー「GBBエピックシリーズ」。昨年末、2016年のマスターズチャンピオン、ダニー・ウィレットが使う姿がスクープされた。洗練されたデザインと明らかに違いのある、その飛距離性能に周りのプロは「キャロウェイのニュードライバーは凄い!」と驚いたという。

発売と同時に瞬く間に人気が広がり、いまも人気ドライバー1位の座を保持し続けている。2017年、バルスパー選手権でアダム・ハドウィンが「GBBエピックシリーズ」の記念すべきUSPGA初優勝をマークしたように、使用プロは好成績を収め続けている。そして舞台は最強のゴルファーを決める全米オープンへ。

画像: ヘッド内部の2本のバーにより、クラウンとソールの上下へのたわみを抑え、フェースのたわみを最大化させてボール初速を上げる「JAIL BREAKテクノロジー」を搭載。突き抜ける飛びを実現する低スピンドライバー

ヘッド内部の2本のバーにより、クラウンとソールの上下へのたわみを抑え、フェースのたわみを最大化させてボール初速を上げる「JAIL BREAKテクノロジー」を搭載。突き抜ける飛びを実現する低スピンドライバー

会場となるエリンヒルズGCはアメリカのコースとは思えないくらい、リンクスをイメージさせる佇まいをもつ全長7800ヤードの超モンスターコース。そのタフなセッティングは世界ランク上位のプロたちをも苦しめる。選手たちは、うねりくるフェアウェイに深いという言葉では言い表せないラフ、強い風と戦わなければならない。

しかし、どんなに風が吹こうともキャロウェイのスタッフプレーヤーには関係ない。とくにアレックス・ノレンなどのようにプロたちが好んで使う「GBBエピック サブゼロ」は余分なスピンを抑えた強い弾道が特徴的なドライバー。風が少ないときは高くスピンを抑えた弾道で、風が強い日には、その風をも切り裂く強い弾道で、ハザードを楽に越えていくはずだ。

アレックス・ノレン。BMW PGA選手権で優勝。全米オープンでの活躍が最も期待されるキャロウェイ契約選手。世界ランキング8位

ボールにも注目! クロム ソフト X

そして、エリンヒルズGCでの活躍が期待できる理由はもうひとつ、キャロウェイのボールにはディンプルではない「ヘックスエアロネットワークパターン」が施されている。風の影響を受けにくく、飛距離性能にもすぐれる。ニューモデル「クロム ソフト X」。このボールがあれば、超難関セッティングさえも彼らにはメリットとなって働くことだろう。

画像: ツアープレイヤーが好む軟らかく、芯を感じる打感を持つDUAL SOFTFAST CORE採用のウレタンカバー4ピースボール。優れた飛距離性能、スピン性能をもつのがクロム ソフト Xの特徴

ツアープレイヤーが好む軟らかく、芯を感じる打感を持つDUAL SOFTFAST CORE採用のウレタンカバー4ピースボール。優れた飛距離性能、スピン性能をもつのがクロム ソフト Xの特徴

会場では練習日から試合開始ギリギリまでサービスカーのなかでテクニシャンたちによって、「GBB EPIC サブゼロ」のセッティングが煮詰められている。そして完璧なチューンを施したクラブが完成したとき、世界中のゴルファーの記憶に残り、USPGAの歴史に名を刻む新たなチャンピオンがキャロウェイのスタッフプレーヤーの中から誕生しているのだろう。

画像: アメリカ大陸での試合をサポートするトレーラー。中ではツアーテクニシャンと呼ばれるレップたちが、トッププロのクラブを調整している

アメリカ大陸での試合をサポートするトレーラー。中ではツアーテクニシャンと呼ばれるレップたちが、トッププロのクラブを調整している

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.