プロもっとも慎重に選ぶのがボールだと言われる。飛距離はもちろん、スピン量、打感。そして、日本を代表するプロである松山英樹がこだわるのがパッティング時の「打音」だ。“澄んだ音”を求めて、開発段階から松山が深く関わったのが愛用中のスリクソンのZスターXV。兄弟モデルのZスターも、昨今使用者を増やしている。全米オープンの会場・エリンヒルズでもスリクソンの打音が響くのか?

松山と、Zスターを選んだ世界のプロ

松山英樹だけでなく、PGAツアーでスリクソンZスターシリーズのボールを使う選手が増えている。CMにも登場している2010年の全米オープンチャンピオンのG・マクダウェルを筆頭に、飛ばし屋のJ・B・ホームズ、S・ローリー、W・マクガート、K・スタドラーなどが使い、PGAツアーの使用率も、今や2番目のシェアを占める。今週の全米オープンにも、松山と世界の8名スリクソンZスターシリーズのボールで挑む。

プロがギア契約する際に、スコアメークに直結するパターやウェッジを契約外にするケースが多いが、なかでも最も慎重に選んで決めるのが、ボールだと言われる。パワーゲーム全盛となったPGAツアーでは、1ヤードでも先に飛ぶことは大前提だが、ここにショートゲームでの打感や打音、そしてスピン量といった要素が加わるからだ。

画像: 青空のように澄んだ音が聞こえるZスターXV「僕のリクエストに応えてくれたボールです。澄んだ音が大事なんです」(松山)。全米の舞台で、この音の回数を増やしてほしい

青空のように澄んだ音が聞こえるZスターXV「僕のリクエストに応えてくれたボールです。澄んだ音が大事なんです」(松山)。全米の舞台で、この音の回数を増やしてほしい

打感や打音というと、単にフィーリングの好みだけを指すように思うかもしれないが、そうではない。例えば、アプローチで同じ量のスピンがかかる2種類のボールがあるとして、一方がソフトフィーリングで、もう一方がしっかりした打感のタイプという場合、インパクトの感触を重視するゴルファーが、フワッとした打感のボールを使うと、打感や音のフィードバックをより強く得ようとするあまり、インパクトを強く入れる癖がついて、距離感が合わなくなることがある。こういったタイプには、しっかりした打感のボールが欠かせないというわけ。ましてや、世界一シビアなコースセッティングのツアー、小さなズレが命取りになる。

そして、この打音に、ひと一倍こだわるプレーヤーが松山だ。スリクソンZスターXVの開発には、松山自身の意見が強く反映されたという。しっかりした打感と、松山いわく「澄んだ音」と表現する心地よい打音が共存するのが、このボールの特徴。松山は、昨年のフェニックスオープンから新しいZスターXVを使い、いきなり優勝。その後の活躍は説明するまでもない。打つたびにフィードバックが得られるショートゲームの性能に加え、このボールを使ってティショットの飛距離が約8ヤード伸びていることも見逃せない。現在の平均飛距離は301.8ヤード。低スピン弾道による飛距離アップの面でも、ZスターXVが下支えしていることは間違いない。

画像: ZスターXV。ペンでラインを引いた、実際の使用ボール。音だけではなく、大径2層コアの高打ち出し低スピンで飛距離を伸ばす

ZスターXV。ペンでラインを引いた、実際の使用ボール。音だけではなく、大径2層コアの高打ち出し低スピンで飛距離を伸ばす

低スピンの飛びといえば、今回の全米オープンで注目したいプレーヤーがいる。松山と同じZスターXVを使って、昨年のドライビングディスタンス1位(314.5ヤード)に輝いたJ・B・ホームズだ。日本では有名とは言えないが、PGAツアーのギャラリーに、「飛ばし屋といえば誰?」と聞くと、D・ジョンソンでも、B・ワトソンでもなく、圧倒的に「J・B」という答えが返ってくる。学生時代に失読症に苦しみ、プロになってからも脳の病で脳外科手術、長期療養からカムバックして2勝するなど、35歳の寡黙な苦労人を応援するアメリカのファンは、とても多い。会場のエリンヒルズは7800ヤード以上、ロングヒッターが有利とされ、J・B・ホームズは300ヤードを楽に超す強いドローが持ち球。

「ボクは飛距離が武器ですが、これまではバックスピンがかかりすぎて、飛距離をロスすることがたびたびありました。しかし、このボールのスピン量は理想的で、イメージどおりの弾道と飛距離をじゅうぶんに実現してくれます」と話す。

画像: 「J・B!」が愛称。低スピンで310Y。松山と同様に、いち早くZスターXVを使って活躍するJ・B・ホームズ。低スピンで300ヤードを楽に超す35歳。「使う理由はしっかり打感と理想のスピンです」

「J・B!」が愛称。低スピンで310Y。松山と同様に、いち早くZスターXVを使って活躍するJ・B・ホームズ。低スピンで300ヤードを楽に超す35歳。「使う理由はしっかり打感と理想のスピンです」

ロングショットで、スピンが少ないということは、吹きさらしのリンクス風コースの強風にも左右されないということ。期待の松山はもちろん、ホームズが優勝争いに加わる可能性は大いにある。

上位に来るのは誰だ?

画像: G・マクダウェル。北アイルランド出身の37歳。通算12勝のローボールヒッター。2010年全米オープンのチャンピオン

G・マクダウェル。北アイルランド出身の37歳。通算12勝のローボールヒッター。2010年全米オープンのチャンピオン

画像: W・マクガート。ノースカロライナ出身の37歳。今季RBCヘリテイジで3位

W・マクガート。ノースカロライナ出身の37歳。今季RBCヘリテイジで3位

画像: S・ローリー。アイルランド出身の30歳。リンクス育ち

S・ローリー。アイルランド出身の30歳。リンクス育ち

画像: R・ノックス。リンクスのメッカ、スコットランド・インヴァネス出身の31歳

R・ノックス。リンクスのメッカ、スコットランド・インヴァネス出身の31歳

さらに、米国最終予選からはK・ブラッドリー、R・ブレーム、T・ポッターJrが出場。松山英樹と“Zスター軍団”が、エリンヒルズで大暴れしそうな予感だ!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.