2017年シーズンはアース・モンダミンカップで2勝目を挙げ、絶好調の鈴木愛は「お腹にギュッと力を入れっぱなしにするのが、アイアンショットのコツ」だという。一体、どういうことなのか。若き賞金女王候補に教えてもらおう!

前傾が崩れなければいい回転ができる!

今シーズン2勝目を挙げ、好調をキープしている鈴木愛。アイアンショットに関して訊くと、鋭角に打ち込むまでの意識はないが、ヘッドを上から下に動かさない限り、重い球を打つことはできないという。そして、そのための大事なポイントが『腹筋』なのだとか。

「腹筋に力が入っていないとダウンスウィングで上体が起き上がって体の回転が止まってしまうんです。そのため、スウィング中は常に腹筋に力を入れています。すると体全体で地面に対して圧力を加え続けられるので、前傾が崩れず、スムーズに回転できます。力を入れるというと、リキむことを想像しがちですが、力を入れるのはあくまでも腹筋。腕は脱力していないとダメですよ」(鈴木)

画像: スウィング中、腹筋にはずっと力が入っているという

スウィング中、腹筋にはずっと力が入っているという

お腹にギュッ! と力を入れることで、前傾角度がキープでき、スウィング中にゆるむことがないのでスムーズに回転できるのだとか。また、お腹に力を入れると、腕が脱力するというメリットもある。

腹筋以外のポイントは、左肩を回して深いトップを作ること。肩の回転が不十分だと、トップが浅くなり、打ち急ぎの原因になってしまうのだ。左肩をしっかり回して、トップで一瞬待てる感覚を持てると、ダウンの回転もスムーズになる。

また、腰は開いても肩は開かないことも意識しよう。腰は常に回転させ続けるが、同時に肩が回るのはNG。インパクトまで肩の開きを我慢しておくことが必要だ。

画像: 腰は回転するが、肩は開かない

腰は回転するが、肩は開かない

腹筋を上手く使い前傾角度をキープしたままスウィングすれば、必然的にゆるやかなダウンブローでボールを捉えることができる。ビシッとアイアンで打ったボールがピンに絡む快感、この打ち方で手に入れよう!

写真/大澤進二

(週刊ゴルフダイジェスト2017年11/29号より抜粋)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.