女子ツアー屈指のショットメーカーとしても名高い藤本麻子。10歳からゴルフをはじめ、アマチュア時代からタイトルを総ナメするなど、まさにエリート街道をまっしぐらに歩んできた。そんな彼女の2017シーズンを支える14本とは?

高めの弾道でキャリーを出すためのドライバー選び

女子ツアーでも屈指のショットメーカーでもあり、ギアへのこだわりも強い藤本麻子。なかでもドライバーに関しては、もともと弾道が低めだったため、もう少し高めの弾道でキャリーを出すことに2017シーズンは取り組んでいる。

「ドライバーは飛ばすことがすべてではないですが、それを求めながら精度を上げていくことは重要なこと。いま使っているプロギアのRSドライバーは、自分の思った高さが出せて、キャリーも伸ばすことができています。また、打感や打音も重要なポイントですが、フェースに適度に乗る感覚があり、心地よいフィーリングがとても気に入っています」(藤本)

画像: 構えたときに叩けるイメージを持つことができるというドライバー「プロギア RS-Fプロト」

構えたときに叩けるイメージを持つことができるというドライバー「プロギア RS-Fプロト」

「構えた瞬間、弾道のイメージが出せるクラブしか使わない!」

構えたときの顔をクラブ選びの基準にあげる選手は多いが、藤本もその点に関しては強いこだわりがある。フェアウェイウッドからアイアンにかけての流れが良く、どのクラブも構えたときの座りがいいのが特徴だ。

「構えた瞬間、弾道がイメージできるものがいいですね。不安がないからこそいいスウィングに繋がると考えています」(藤本)

画像: 飛距離性能よりもボールの高さをコントロールすることを重視。5Wではなく7Wを入れているのは、パー5などでの攻め方を考えてのこと。3W「プロギア TUNE FW」、7W「プロギア ナブラRS」

飛距離性能よりもボールの高さをコントロールすることを重視。5Wではなく7Wを入れているのは、パー5などでの攻め方を考えてのこと。3W「プロギア TUNE FW」、7W「プロギア ナブラRS」

画像: 最近の距離が長くなってきたコースセッティングに対して活躍してくれている。.5UT「プロギア RS」

最近の距離が長くなってきたコースセッティングに対して活躍してくれている。.5UT「プロギア RS」

画像: 小ぶりでシャープな顔だが、ボールは比較的上がりやすいというアイアン。5I~PW「プロギア ナブラiD FG」

小ぶりでシャープな顔だが、ボールは比較的上がりやすいというアイアン。5I~PW「プロギア ナブラiD FG」

女子プロというよりは男子プロ寄りのセッティングになっているのは、とにかく構えたときのフィーリングを重視した結果と言えるのだろう。今シーズンも既に数多くの優勝争いを繰り広げている藤本。今後の活躍にますます期待がかかる。

詳しいスペックは、週刊ゴルフダイジェスト7月11日号「pro's spec」をチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.