ピンはすぐそこの残り15ヤードからのアプローチは、寄せたい意識が強まるあまりにダフリのミスが起きやすい。「ダフりたくないならスクェアスタンスで構えるのが基本」と話すのは、雑巾王子のニックネームでお馴染み、2013年レッスン・オブ・ザ・イヤー受賞の武市悦宏プロ。ザックリが減る構えを教えてもらっちゃおう!

オープンスタンスで左足体重に構えてハンドファースト。これ全部NG

誰でもできるだけ簡単に寄せることを指導する武市プロ。常識を覆すような斬新なレッスンがその持ち味だが、アドレスの作り方からして“常識外れ”だった。

「オープンスタンスに構える人が多いけど、本当にダフリたくないなら、スクェアにしないと。体重配分も左足にかけたがるけど、これもダフリたくないなら、左右5対5。なぜかというと、ハンドファーストに打ちたくないから」

アプローチはオープンスタンスで左足体重。その上でハンドファーストに構えるのが基本というか“常識”だが、気持ちいいほど全否定。して、その真意は?

画像: スタンスはスクェア。体重配分は左右均等で、ハンドファーストに「しない」のがダフらない構えだ

スタンスはスクェア。体重配分は左右均等で、ハンドファーストに「しない」のがダフらない構えだ

「オープンスタンスに構えて左足体重でハンドファーストに打つと、ヘッドが鋭角に入りやすく、少しでもボール手前に入ったらザックリになるからね。でも、スクェアに構え、体重配分も5対5なら、入射角がゆるやかになり、手元の動きも小さくなるからヘッドが加速して地面に刺さりにくい。だから、ダフリが消えて、安心して打てるから寄る確率も上がるんです」(武市)

画像: インパクトでゆるみやダフリを防ぐにはヘッドを加速させる必要がある。左右5対5の体重配分だと、手元の動きが小さくなり、ヘッドが走りやすい

インパクトでゆるみやダフリを防ぐにはヘッドを加速させる必要がある。左右5対5の体重配分だと、手元の動きが小さくなり、ヘッドが走りやすい

アプローチを簡単に寄せることができれば、パットに集中することができ、スコアに繋がってくる。ダフるなどのミスが多い場合は、スクェアスタンスにして左右5対5の配分で構えてみよう。今よりも簡単に寄せられるかも。

写真/小林司

(週刊ゴルフダイジェスト2016年7/12号より抜粋)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.