ゴルフギアにこだわりがあるゴルファーにとって、アイアンは「飛ぶだけ」「上がるだけ」じゃ物足りない。「ある程度飛んで、ほどよく上がり、打感が気持ち良く、なによりカッコいいアイアンが理想だ」というワガママを平気で述べてはばからないこだわり派のみなさんに朗報だ。そんなアイアン、見つけちゃったかも!

その名はプロギア「TUNE 01 CB」

結婚相手は「高身長・高学歴・高収入」でなければ認められぬ。俗に言う「3高」が流行語となったのはバブル華やかなりし頃。それから四半世紀が過ぎた今、女性が結婚相手に求めるもののハードルはその当時より下がったかもしれないが、こだわりゴルファーがアイアンに求めるものは変化なし。

「顔の良さ」「打感の良さ」「性能の良さ」の「3良」を、日夜求めてしまうのがギア好きゴルファーのサガというものであろう。

というわけで当然ながら「みんなのゴルフダイジェスト」用具担当もそのようなゴルフギアを探し続けているわけだが、ちょっといいアイアンを発見したのでご紹介。プロギアの「TUNE 01 CB」だ。

「TUNE」は、クラブとしては販売せず、ヘッドのみの販売で展開しているいわゆるひとつの工房限定のカスタムモデル。この「TUNE 01 CB」もそのひとつ。

画像: その名はプロギア「TUNE 01 CB」

細かい機能説明は省いて、注目したいのがその顔の良さだ。シャープなんだけど、シャープすぎない。シャープさとやさしさの両方が感じられる、ギリギリのさじ加減があるのだ。そして、ショートアイアンからロングアイアンまでの流れも良い。

と、「顔の良さ」といったものは感覚的なものだ。実際にご覧になっていただこう。

画像: PW。いい感じに丸みを帯びた「ウェッジ顔」だが、リーディングエッジはシャープで、狙っていけそう

PW。いい感じに丸みを帯びた「ウェッジ顔」だが、リーディングエッジはシャープで、狙っていけそう

画像: 9番。ピッチングから丸みを少し取った印象だが、包み込むようなやさしさは十分に感じられる

9番。ピッチングから丸みを少し取った印象だが、包み込むようなやさしさは十分に感じられる

画像: グッと“アイアンっぽさ”が出てくる8番。このあたりの番手の作りが、セット全体の印象を左右する

グッと“アイアンっぽさ”が出てくる8番。このあたりの番手の作りが、セット全体の印象を左右する

画像: 7番あたりからいつの間にかウェッジ感が消え、シャープなアイアン顔になっている

7番あたりからいつの間にかウェッジ感が消え、シャープなアイアン顔になっている

画像: 6番あたりはググッとシャープでありながら、面長でネックも軽めのグースが入って“打てそう”な見た目

6番あたりはググッとシャープでありながら、面長でネックも軽めのグースが入って“打てそう”な見た目

画像: 5番もシャープなのだが、6番と同じ理由でしっかりとやさしさを感じさせてくれる

5番もシャープなのだが、6番と同じ理由でしっかりとやさしさを感じさせてくれる

画像: 4番。こうやって下から順に見てくると、4番まで入れたくならないだろうか?

4番。こうやって下から順に見てくると、4番まで入れたくならないだろうか?

いかがだろうか。7番で33度といまどきとしては“寝た”ロフトであることから、特別飛ぶってことはない。しかし、ロフトが立っていない分だけ見た目の割にはボールが上がり、昨今すっかり難しい番手という印象の5番、6番あたりでもやさしく打てる。軟鉄鍛造ワンピース構造、要するに鉄の塊であるため、打感も実に柔らかく感じられる。

いわゆる“やさしいアイアン”よりむしろやさしく打てるという軽めの逆転現象まで起こっている印象だ。つい調子に乗って4番アイアンまでバッグに入れたくなるアイアンとも言えるかもしれない。185ヤードのパー3、同伴者がユーティリティを持つ中、一人4番アイアンを手にティグラウンドに臨む自分をイメージし、思わずニヤリとする人も少なくなかろう。

デザインもいたってシンプル。こういうの欲しかったんだよな、そう思う人が多そうなアイアンだ。

画像: 隠れた名器感のある佇まい……な気がする

隠れた名器感のある佇まい……な気がする

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.