ゴルフには行きたい! でも、移動時間がネックという人は少なくない。片道2時間、渋滞したらそれ以上かかるとなれば、1日が丸つぶれになってしまうからだ。そこで今回はクルマでも電車でもない、「ヘリゴルフ」をレポートする。「どうせ何十万もかかるんでしょ」って? まあまあ、まずは騙されたと思って記事を読んでみてくださいよ!

東京へリポートから伊豆下田カントリークラブまで1時間かからない!

こんにちは! バンキシャM子です('◇')ゞ 今回はツアーネタではありませんが、レポートしない訳に行かない体験をしてきたので、レポートします。

「M子さんヘリコプターってどう思う?」。とある日、編集長から言われます。
「ヘリいいですね!(カッコいいですよねという意味)」(M子)
「じゃあ行っておいでよ! ヘリで伊豆下田まで」(編集長)
「え」(M子)

画像: 思った以上にはしゃぐ2人

思った以上にはしゃぐ2人

今回体験した“ヘリゴルフ”は、2018年に日本オープンが行われる名門横浜カントリークラブを経営する「株式会社横浜国際ゴルフ倶楽部」が始めた新しい事業のひとつで、東京へリポートか横浜カントリークラブから、伊豆下田カントリークラブまでヘリコプターに乗ってゴルフに行くという内容。「体験してみませんか?」というご厚意によって今回の取材が決まったそうです。

しかし編集長はヘリコプターどころか大の高所恐怖症。ということで私に白羽の矢が立ったという訳でした。「ヘリコプターに乗ってゴルフに行く」という、一生に一度かもしれない貴重な体験(庶民的考え)をさせていただけるということで、読者のみなさんのイメージも沸きやすいようにM子目線のレポートをさせていただきます。いい意味で一番驚いたのが、その値段ですが、それは最後にお話ししましょう。

まずは動画をご覧ください

百聞は一見に如かずということで、まずは動画をご覧ください。乗った時の気分を味わっていただけるかと思います。

画像: 伊豆下田まで「45分」。 “ヘリゴルフ”を体験してみた youtu.be

伊豆下田まで「45分」。 “ヘリゴルフ”を体験してみた

youtu.be

こんな景色、なかなか拝めないですよね。この日は雲が低くて、雲の中を突っ切ることになりました。では、実際のレポートをどうぞ!

気分はセレブ!? いざ伊豆下田まで!

この日伊豆下田カントリークラブ行きのヘリに乗り込んだのは、編集部の動画担当S田とバンキシャM子と横浜国際ゴルフ倶楽部の方が2名。ヘリはパイロットを入れて5人乗りの“ロビンソンR66”という機体で平均時速240キロほどで伊豆下田カントリークラブまでほぼ直線距離で進みます。

ちなみにこの直線距離上には、横浜カントリークラブ、江ノ島、川奈ホテルゴルフコースがあるので、それぞれの場所までの時間も計ってみました。

【10時40分】東京へリポートを出発

画像: 記録を残すために写真撮りました

記録を残すために写真撮りました

全員がヘリに乗り込み、東京へリポートを出発。東京へリポート内は撮影が厳禁ということで、この時のヘリの外観写真は撮れませんでした。

プロペラが動き出す大きな音と振動、“フワッ”とした感覚の後、高さ400メートルほどの地点まで一気に上昇します。この日は風があり、思っていた以上に揺れました。M子は高いところやジェットコースターは大丈夫なのですが、乗り物酔いしやすいタイプで、予想以上の揺れに若干やられます。この日は風があったので揺れたそうですが、普段はそこまで揺れないとのこと。写真を撮るために近くの画面を見ていたのがいけなかったようです……。

【10時53分】横浜カントリークラブ上空通過

画像: こんな角度で横浜カントリークラブを見られるなんて!

こんな角度で横浜カントリークラブを見られるなんて!

20分もしないで横浜カントリークラブ上空を通過。ちなみにクルマで行くと約50分。パイロットさんに「遠くを見ていると酔いにくいですよ」と言われ、遠くを見つめながら写真を撮ったので、この時間の写真はブレブレです。平均時速で240キロほど出ているそうなのですが、体感値的にはまったくそんなに出ている感じはしません。逆にゆっくりと飛んでいる印象。

【11時00分】江ノ島上空通過

画像: 20分しか経ってないなんて!

20分しか経ってないなんて!

あっという間に江ノ島上空。所要時間は約20分! ちなみに出発地点の東京へリポートから江ノ島まで車で行くと1時間半ほど。ここからは海の上を進みます。なんだろう、すっごく気分がいい。ここで気持ち悪いのも吹っ飛びました。我ながら現金なヤツです。

【11時15分】空から! 川奈ホテルゴルフコース

画像: こんな角度から川奈を見られるとは

こんな角度から川奈を見られるとは

見覚えのある灯台とともに、川奈ホテルゴルフコースが見えてきました。特別にできるだけ川奈ホテルゴルフコースに近づいて飛んでいただき、普段では見られない角度からの川奈を拝むことができました。ここまでくれば、いくつか山を越えたら伊豆下田カントリークラブです。

【11時25分】伊豆下田カントリークラブ到着

ここまで45分で到着!! パイロットさん曰く、やや向かい風があったりすると到着時間に少し前後があるらしいですが、遅れても5分ほどだそうです。ヘリコプター恐るべし。

画像: こんな時間にティグラウンドに立てるとは

こんな時間にティグラウンドに立てるとは

着替えてゆっくり準備をして、12時前にはティオフ! 平日のこの日、伊豆下田カントリークラブはセルフデーで回り放題。スタート時間が決められていないため、自分たちの好きなタイミングでスタートできました。都内近郊のゴルフ場ではなかなか回り放題はないので、かなり嬉しいプランです!

コースは打ち上げあり、打ちおろしありの山岳コース。とはいえ、カートでフェアウェイ乗り入れ可能だったので、ボールのすぐ脇まで行けて快適そのもの。そして名物ホールの16番では最高のオーシャンビューを拝むことができます。この景色を見るためにこのコースに来るゴルファーの方も多いのだとか。

画像: 16番のティグラウンドから見える絶景!

16番のティグラウンドから見える絶景!

思い切りラウンドを楽しんで、帰りもヘリコプターで。伊豆下田カントリークラブから東京へリポートまで同じく45分で着きました。

正直な感想を申し上げます。「値段さえクリアすれば最高に快適」のひと言に尽きます。ぜひともまた乗りたいです。早起きなし、渋滞なし、最高に気分良しの三拍子。移動時間がこんなにも短縮ができると、別のことに使える時間が増えますよね。私は帰ってから夕ご飯を作れました。

「『時は金なり』という言葉がありますが、時間というのは誰に対しても平等。その時間をもっと有効に使ってほしい、限られた時間の中でゴルフをより楽しんでほしいです」という思いが詰まったサービスでした。いやー感服です。

画像: フェアウェイに乗り入れできるのは嬉しいですね

フェアウェイに乗り入れできるのは嬉しいですね

さて、気になるのはそのお値段。実際のお値段やいかに……!

気になるその料金は……!

【日帰りプレー料金】

東京へリポート(新木場)発
平日回り放題 4バッグ1名料金2万5900円、3バッグ1名料金3万1600円
土日祝日1R プレー 4バッグ1名料金2万8400円、3バッグ1名料金3万3800円

これならイケるじゃないですか。

ちなみに、横浜カントリークラブ発というのもありまして、こちらだと伊豆下田カントリークラブまでなんと35分!
平日回り放題 4バッグ1名料金2万9300円、3バッグ1名料金3万5500円
土日祝日1Rプレー 4バッグ1名料金3万1800円、3バッグ1名料金3万7700円

横浜カントリークラブ発は駐車場代込みのお値段だそうです!

画像: こんな景色が見られるんです!

こんな景色が見られるんです!

1泊して2ラウンドできるプランもあるみたいです。

【1泊2Rプレー料金 ※初日の夕食、2日目の朝食代含む】

東京へリポート発
平日2Rプレー  4バッグ1名料金5万1900円、3バッグ1名料金6万1100円
土日祝2Rプレー 4バッグ1名料金5万9400円、3バッグ1名料金6万8800円

横浜カントリークラブ発
平日2Rプレー  4バッグ1名料金5万5600円、3バッグ1名料金6万5500円
土日祝2Rプレー 4バッグ1名料金6万3100円、3バッグ1名料金7万3200円

もちろんこちらも駐車場代込みのお値段。

ちなみに2名または3名の利用の場合は料金が割増となるそうですが、それでも安いですよね。だって、新木場から伊豆急下田まで、電車で行っても往復で1万円以上かかりますから。ただ、強風や雨の場合は運行中止になるのは仕方ないところ。プレーしない人もヘリに乗ることは可能みたいです。

画像: 海の上を飛んでいるときの足元はこんな感じ

海の上を飛んでいるときの足元はこんな感じ

これだったら手の出ない値段じゃないと思いませんか? 狙うは平日回り放題。これ、行けちゃいますよ。一生に一度の体験だと思っていましたが、二度目三度目がありそうな予感。編集長のように極度の高所恐怖症ではない限り、これは一度体験してみる価値ありです! M子的にはまた私をヘリに乗せてくれる方募集……すると調子に乗るなと怒られるのでやめておきます。

気になったみなさん、申し込みや問い合わせは伊豆下田カントリークラブ(TEL 0558-62-2211)までぜひどうぞ~! その時は「みんなのゴルフダイジェストを見た」と言ってもらえると話がスムーズにいくかもしれません!

あー楽しかった('◇')ゞ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.