日本人として初めて米女子ツアー賞金女王に輝いた岡本綾子。そのスウィングはかの野球のイチローがバッティングの参考にしたほど。多くの女子プロを一流に育て上げた指導者としても知られる岡本が、そのスウィング論をまとめたのが1995年刊行の単行本「LESSON!」だ。名著の中から、今なお色褪せない“珠玉の言葉”を探しにいこう。

アドレスとストローク、それぞれに「基本」は存在する

「パットに形なし」と言われるように、名手たちでもそのパッティングスタイルは様々。岡本綾子も、名著『LESSON!』のなかで、その言葉を「まったくそのとおりだと思います」と認めつつ、それでもパッティングには“基本中の基本”があるという。

「あえて基本中の基本といえば、構えたときの目の位置でしょう。頭がボールの真上にくるように構えるというのが基本です」という。両目の真下にボールが位置することが基本。片目で見る意識が強くなると、顔が傾いてしまうから注意が必要だという。

画像: アドレスとストローク、それぞれに「基本」は存在する

それがアドレスの基本。そして、ストロークにも基本がある。それは、ターゲットラインに沿ってボールの前後20センチはストレートトゥストレートにクラブヘッドを動かすこと。練習グリーンでも、ラウンド中も、この立ち方とストローク軌道をしっかりと意識しておこう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.