パット・イズ・マネーと言われるように、パットはスコアに直結する。そのパットを科学的に研究している星谷孝幸先生は始動の時の予備動作「フォワードプレス」には数多くのメリットがあるという。詳しく聞いてみよう。

フォワードプレスは転がりのいいストロークを生む

トッププロの中には、ストロークの始動のときに、「フォワードプレス」を入れる選手がいます。フォワードプレスとは、いったん目標方向に手元を動かす動作。皆さんの中にも取り入れている方がいるかもしれません。

このフォワードプレスには、実は多くのメリットがあります。

まず、クラブを真っすぐに引きやすい。フォワードプレスを入れることで、逆方向に上げやすくなる反作用の動きが起こりやすいので、真っすぐ動かしやすく、インパクト時のフェース面が狂いにくくなります。

画像: フォワードプレスには、インパクト時にフェース面が狂いにくくなる効果がある

フォワードプレスには、インパクト時にフェース面が狂いにくくなる効果がある

また、手首がロックされることも大きなメリットです。フォワードプレスをすることによって手首の角度が固定され、手元の余計な動きが排除されるので、2支点縦振り子ストローク(星谷氏が提唱する理論 ※編集部注)が実現しやすくなり、パンチが入ったりゆるんだりすることのない安定した動きが得られるのです。

さらに、リズムが良くなるというメリットもあります。フォワードプレスで「イチ」、テークバックで「ニ」、インパクトにかけて「サン」、というイメージでストロークすれば、リズムが一定になるので、インパクトの力も一定になり距離感が合いやすくなります。

フォワードプレスをするとロフトが立つので、それを維持しながらアッパー軌道で打てば、オーバースピンの強い、転がりのいいストロークにもなります。

フォワードプレスには多くのメリットがありますので、ぜひ一度試してみることをお勧めします。

※「入っちゃう! パットの法則」(ゴルフダイジェスト新書)より

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.