プレー中、突然ドライバーが絶不調......。大スライス連発でスコアも急降下して、そのままホールアウトではあまりにも寂しい。「そんな時は、スウィングをリセットさせる素振りが一番」と今野一哉プロ。謎のスライス矯正法「壁ドントップ」とは一体!?

慌てず騒がず「下り斜面」か「真っすぐの木」を探そう

Q:突然の大スライスってありますよね? あれはどう対処したらいいのでしょうか?

「今のドライバーは、打ち気が勝ると、振り遅れやすいんです。スライスが出始めたら、下り斜面を利用した素振りが効果的。左足下がりで振ると、右肩や右腰が落ちたら振り抜けません。自然と右サイドが高くなってヘッドが出始め、振り遅れが消えるんです。プッシュアウトのスライスに効きますよ」(今野、以下同)

画像: 「下り斜面=左足下がり」で素振り! 振り遅れ、消えます

「下り斜面=左足下がり」で素振り! 振り遅れ、消えます

Q:真っすぐ飛んで右に曲がるスライスもあります。

「カットスライスですね。上半身の力みが原因。たとえば、茶店などの壁を使った『壁ドントップ』はどうでしょう?」

Q:なんですかそれは?

「グリップエンドを壁に付けたトップの姿勢から、クッと小さく切り返します。グリップエンドが『左横~左斜め下』に動いたらスライス。『真下』に動くように、手ではなく足や腰で切り返しましょう」

画像: グリップエンドが壁から離れない程度に切り返す。グリップエンドが「どう動くか?」、「どこに動こうとするか?」を確認

グリップエンドが壁から離れない程度に切り返す。グリップエンドが「どう動くか?」、「どこに動こうとするか?」を確認

Q:チェックしながら、いい感覚を取り戻すわけですね。

「壁じゃなくても、真っすぐな大木などでもできます」

画像: 「壁ドン」トップでのポイントは、足から動かすこと。左足の踏み込みや左ひざ、左腰から動けば、右肩が前に突っ込まず、グリップエンドは真下方向に動く。この切り返しがスライスを消す。

「壁ドン」トップでのポイントは、足から動かすこと。左足の踏み込みや左ひざ、左腰から動けば、右肩が前に突っ込まず、グリップエンドは真下方向に動く。この切り返しがスライスを消す。

ラウンド中、突然のスライスに悩まされたら「下り斜面」での素振りと、「壁ドントップ」を試してみよう。プレー中でもスライスを修正できるぞ。

写真/中居中也

(週刊ゴルフダイジェスト2016年11/22号より)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.