181cmの長身から繰り出す豪快なショットを武器にツアーを戦う永野竜太郎。2017シーズンに初勝利を期待される選手のひとりでもある。そんな彼がシーズン途中にクラブチェンジをしたという。心機一転した14本の新しい相棒とは?

クラブを変える決め手は「数値」だった

発表直後からその性能の高さが高評を得ているピンのニュードライバー「G400」。契約プロの永野ももちろんチェンジ。その弾道を見ると、秋からのビッグトーナメントでの活躍を十分に予感させる。いったいどこが気に入ったのか。

「シーズン中にクラブを変えることは勇気がいることですが、今は計測器があって、数値的に正確なものが出てくれます。それを信じることができるかどうか。プロとしては結果が一番だから、そのときの自分にマッチしていればすぐに替えます。僕の場合、弾道がもともと高いので、それを抑えなければならないドライバーは使えないけれど、このG400はその必要がないんです。もちろんフェアウェイウッドやアイアンでも同じです」(永野)。

画像: 球が吹き上がらず、理想的な中段道が打てる。直進性が高く、適度なスピンが入るので、コントロール性も高い。ドライバー「G400 LS TEC」

球が吹き上がらず、理想的な中段道が打てる。直進性が高く、適度なスピンが入るので、コントロール性も高い。ドライバー「G400 LS TEC」

では、具体的にどの数値がアップしたのだろうか?

「初速とヘッドスピードがアップしました。上げようとしていないのに、この数値がアップするというのは大きいことです」。

画像: こちらも新規投入のフェアウェイウッド。3W「G400 STRETCH3」、7W「G400」

こちらも新規投入のフェアウェイウッド。3W「G400 STRETCH3」、7W「G400」

ときには3番アイアンを入れることも。ロングアイアンが武器

「アイアンは顔が命」という永野。構えた時のトップブレードがストレートで、ターゲットに対して正確にセットアップできるというこのモデル。普段は4番から入れているというが、コースによっては7番ウッドに変えて、3番アイアンを入れることもあるという。

画像: 安心感のあるソリッドな顔を持つアイアン。4I~PW「 i200」

安心感のあるソリッドな顔を持つアイアン。4I~PW「 i200」

画像: ウェッジは開きやすいことが条件。バウンスを巧みに利用してさまざまなライからいろんな球を繰り出す。「GLIDE2.0」(54度)、SW「GLIDE2.0」(60度)

ウェッジは開きやすいことが条件。バウンスを巧みに利用してさまざまなライからいろんな球を繰り出す。「GLIDE2.0」(54度)、SW「GLIDE2.0」(60度)

画像: 手にフィーリングが感じやすく、安定した距離を生み出す。ピンタイプが永野のエースパター。「ピン カーステン アンサ―2」

手にフィーリングが感じやすく、安定した距離を生み出す。ピンタイプが永野のエースパター。「ピン カーステン アンサ―2」

数値を重視しながらも、最後は自分のフィーリングや感覚が決め手となる。永野も感覚派で、その辺りのこだわりは譲れないが、今回のドライバーは数値と自分の感覚がマッチしたようだ。今後の活躍に注目が集まる。

詳しいクラブスペックは、週刊ゴルフダイジェスト2017年10/10号「pro's spec」をチェック!

(写真/大澤進二)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.