練習場でアイアンを打つと(そしてダフると)ついてくる緑のマットの汚れ。使っているうちに勝手に取れるものだけど、やっぱり使うたびにキレイにしておきたいもの。そこで実験! 身近な道具でこの「練習汚れ」を落とすには、たわし、ティ、布ガムテープ、どれがいい!?

動画はこちらから! ※本編は音声なし(67秒)

画像: 第1回アイアンの「練習汚れ」どれが一番落とせるんだ選手権 youtu.be

第1回アイアンの「練習汚れ」どれが一番落とせるんだ選手権

youtu.be

今回使用したのは、たわし、ティ、ガムテープと身近にあるものばかり、練習場でついてしまった汚れを一番綺麗に落とすことが出来るのはどれか?

一番落とせそうな気がする「たわし」

まずは、たわしでやってみよう。頑固な汚れも落としてくれそうなたわしなら、簡単に練習の汚れも落としてくれそうな気がするが...…? 結果はソールの汚れを綺麗に落としてくれたものの、キッチンのシンクを磨く程度の力加減が必要だ。

画像: 綺麗に汚れを落とすことができたが、やや力を入れてこする必要あり

綺麗に汚れを落とすことができたが、やや力を入れてこする必要あり

カリカリ削るのが実は早い!? 「ティ」

次はティの地面に刺すほうで、ソールの汚れを落とせるか実験。力を入れれば落とせなくもないが、ソールに細かい傷がつきそうだし、時間がかかる。ちょっと手間。

画像: ビフォーとアフターを比べると確かに汚れを落とすことができたが手間がかかった

ビフォーとアフターを比べると確かに汚れを落とすことができたが手間がかかった

伏兵! 「ガムテープ」

最後に試したのはガムテープ。ガムテープの粘着力なら剥がし取ることが可能なのか試してみた。適度な長さを取り、ソール全体に張る。そして、一気にガムテープを剥がすと......なんと、意外にも綺麗に取ることができた。

画像: 貼って剥がすだけのお手軽さが掃除の“めんどくささ”を感じさせない

貼って剥がすだけのお手軽さが掃除の“めんどくささ”を感じさせない

“初代”優勝は「ガムテープ」

というわけで優勝は意外なことに「ガムテープ」。カンタンだし、アイアンをこすらないので、傷をつけずに汚れを落とすことができたのも高評価。ソールの汚れを落としたい方は、「ガムテープ」を試してみてはどうだろう?

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.