2016年11月25日に2日目の競技が終了した。「ISPSハンダワールドカップ(以下、ワールドカップ)」で松山英樹・石川遼ペアが活躍中だが、日本代表は過去に二度優勝を果たしている。今回は、ワールドカップで誕生した日本代表の名コンビを紹介しよう。

中村寅吉・小野光一コンビが優勝! ゴルフの面白さが日本中に広めた

日本代表の名コンビ、その草分け的存在は日本代表初優勝を成し遂げた中村寅吉・小野光一コンビだ。

画像: 中村寅吉(写真右)と小野光一(写真左)の優勝は、日本中が湧いた

中村寅吉(写真右)と小野光一(写真左)の優勝は、日本中が湧いた

ワールドカップは過去3回日本で開催されいるが、初開催となった1957年の第5回大会で中村・小野コンビは優勝した。そのニュースは朝日新聞の社会面に掲載され、大会模様がテレビでも生中継された。「ゴルフはこんなに面白い」ということを日本人に認知させた名コンビだ。

最初で最後の“AOコンビ”結成

1974年には青木功と尾崎将司がタッグを組んで出場した。最初で最後の“AOコンビ”となったが、この時は惜しくもアメリカに敗れ、2位で終わっている。

画像: 青木功(右)と尾崎将司(左)がコンビを組んで出場したのは、1974年のワールドカップが最初で最後

青木功(右)と尾崎将司(左)がコンビを組んで出場したのは、1974年のワールドカップが最初で最後

1988年には、尾崎将司と尾崎健夫の兄弟コンビで出場。その時もベン・クレンショーとマーク・マッカンバーのアメリカチームに一歩届かず2位だった。

そして長らく日本代表は優勝から遠ざかったが、メキシコで開催された2002年、丸山茂樹・伊澤利光ペアが最終日16番、17番で連続バーディを奪い、見事逆転優勝を果たした。初優勝した1957年以来45年ぶり2度目の優勝だった。

画像: 2002年「ワールドカップ」では、丸山・伊澤コンビが日本代表45年ぶりの優勝を果たした

2002年「ワールドカップ」では、丸山・伊澤コンビが日本代表45年ぶりの優勝を果たした

中村・小野。青木・尾崎。伊澤、丸山。松山・石川ペアは、彼ら偉大な先人たちに並び、追い越すことができるのか。残り2日のプレーに期待したい。

※週刊ゴルフダイジェスト12月6日号より

HONMA

This article is a sponsored article by
''.