自身のユーチューブチャンネル「HARADA GOLF」で再生回数1000万以上を獲得している大人気レッスンプロ・原田修平。キレのいい動きでゴルフスウィングを解き明かす原田が、「理想的なアドレスの作り方」を伝授!

原田流・バランスの良いアドレスの見つけ方

バランスの取れたフィニッシュは、いいスウィングができた証といえますが、ナイスショットはバランスの良いアドレスからしか生まれません。前後左右の体重配分が均等で、いつでも素早く動き出せる。これがバランスの良いアドレスです。

誰かに体を押されてもビクともしないように、ガッチリと下半身を固定してしまうのは、バランスの良いアドレスではありません。ここをカン違いしているアマチュアの方が意外に多いんです。

では、バランスの良いアドレスとは、いったいどんな感覚なのか。それを体感するには、ドライバーを体のセンターで構え、目をつぶった状態で真上に軽くジャンプをしてみましょう。ジャンプして地面にスッと着地したときの姿勢。これが前後左右の体重配分が均等になっている状態です。

着地の衝撃を和らげるため、クッション役の股関節やひざに適度な遊びがあって、連続で真上に飛ぶことができる余裕が下半身にある。どうですか? これならいつでも素早く動き出せそうですよね。

また、ジャンプして着地したときの股関節の角度は、人によって違いがあります。角度が浅い人もいれば、深い人もいますが、それがその人にとって、もっとも自然でバランスの取れる角度なんです。

画像: 原田流バランスの良いアドレスの見つけ方は「構えながらジャンプ」

原田流バランスの良いアドレスの見つけ方は「構えながらジャンプ」

ドライバーの場合、ボール位置は左足かかとの線上が基本といわれます。スタンスの真ん中よりも左にボールがあるため、目や体でボールを追って、ヘッドを合わせてしまうと、前後左右のバランスが崩れやすいのです。

また、顔を上げて目標方向を確認する動きも、バランスが悪くなる原因になります。練習場では難しいですが、コースでラウンドしたときに一度、ティグラウンドで目をつぶってジャンプし、着地したそのまま状態で、同伴者にティアップしてもらうといいんです。このときの感覚を頭と体で覚えておきましょう。

プロはアドレスで体の動きを止めず、体を上下や左右に小刻みに動かしていますよね。そうすることで、いつでもスウィングをスタートできるように、バランスを整えているんです。

ジャンプから着地した態勢で、両腕を真下にダランと垂らした位置でクラブを握ったら、そのままの姿勢を維持して、ボールに近づいてアドレスする。ちょっとカッコ悪いと思うかもしれませんが、これならいつでもバランスの整った、理想的なアドレスを作ることができますよ。(談)

撮影/姉崎正

画像: 一番飛ばせるアドレスはジャンプで見つかる!~HARADAGOLFで上手くなる~ youtu.be

一番飛ばせるアドレスはジャンプで見つかる!~HARADAGOLFで上手くなる~

youtu.be
GOLF5

This article is a sponsored article by
''.