いい道具には、必ず物語がある。世に数多あるゴルフギア&グッズの中から、とくにストーリーのあるものをピックアップするのが「ネクストブレイク ゴルフグッズ&ギア」。第51回は本間ゴルフ「ツアーワールド TW747 P アイアン」をピックアップ。

ソールにタングステンネックは短め。でもカッコいい

クラブメーカーのイメージはなかなか変わらない。しかし、老舗高級メーカーから、若々しいアスリート志向へイメージチェンジが成功し、今また変化しようとしているのが、創業61年を迎える本間ゴルフだ。とくにツアープロが使い、アスリートのイメージが強かったツアーワールドシリーズが、大胆なイメージチェンジを遂げている。

若いイメージはそのままに、海外ブランドのような先進性に本間伝統の緻密さを加え、ターゲットユーザーを幅広くしたツアーワールドシリーズの『TW747 P アイアン』に注目が集まっている。

日本のゴルファーが好むコンベンショナルなヘッド形状にこだわりながら、20グラムのタングステンをソールに配置し、ネックを4ミリ短くして、徹底的な低重心化を実現。ストロングロフトにして、驚きの飛距離を稼ぎながら、圧倒的な高弾道を実現している。

低重心にするためには、重量配分にメリハリが必要となる。余剰ウェートを生み、反発を稼ぐためにフェースの肉厚を薄くし、高初速を実現している。反面、打感が犠牲になる場合が多いが、本間ゴルフの開発陣は、伝統の打感は譲れない。バックフェースに3Dエンブレムを装着し、伝統の音と打感を高いレベルで両立した。

画像: ポケットキャビティなのに、トップブレードがそこまで厚くないというのも、アスリート志向の強いゴルファーに好評だ

ポケットキャビティなのに、トップブレードがそこまで厚くないというのも、アスリート志向の強いゴルファーに好評だ

プロモデルという印象だったツアーワールドシリーズは、ゴルフというスポーツを楽しみたいというアスリート志向のゴルファーが待ち望んだブランドとなった。『TW747 P アイアン』も、シャフトを選べば、体力の衰えを技術で補うオヤジゴルファーの武器になることは間違いない。

楽しくゴルフをしたい。でも飛距離は妥協したくない。いくつになっても自己ベストを更新したいというアスリートな気持ちを持ったゴルファーは是非試してほしいアイアンができあがった。

本間ゴルフ「ツアーワールド TW747 P アイアン」を1名にプレゼント

今週紹介している「本間ゴルフ ツアーワールド TW747 P アイアン」を、抽選で1名様にプレゼント。今週紹介の「ダンロップ スリクソン Z585 ドライバー」を、抽選で2名様にプレゼント。週刊ゴルフダイジェスト連動企画「ネクストブレイク ゴルフグッズ&ギア」、気になる人は本誌もチェックしてみよう。応募は下のバナーより。

画像: www.golfdigest.co.jp
www.golfdigest.co.jp

※ここで提供いただく個人情報は商品発送のほか、弊社ゴルフ関連情報のご案内に使用させていただく場合がございます。

※雑誌公正競争規約の定めにより、この懸賞に当選された方は、この号の他の懸賞に当選できない場合があります

撮影/三木崇徳、文/田島基晴

HONMA

This article is a sponsored article by
''.