いい道具には、必ず物語がある。世に数多あるゴルフギア&グッズの中から、とくにストーリーのあるものをピックアップするのが「ネクストブレイク ゴルフグッズ&ギア」。第58回はエスアイケイゴルフ「SIK GOLF パター」をピックアップ。

デシャンボーが納得! 「縦のズレ」に強い四段ロフト

ボールの契約先を選ぶ際、塩水につけてチェックしたという話で有名な『ゴルフの科学者』ブライソン・デシャンボー。彼が選んだパターが、この「SIK GOLF」だ。

パッと見、オーソドックスなヘッド形状で正直拍子抜けするが、このパターには科学者が納得する種や仕掛けが存在する。それは特許取得済みの『DLTテクノロジー』と呼ばれるフェース構造で、フェースを横に4分割して、ソールに近い部分のロフト角を1度に。そこから上部にいくにつれて1度ずつ増え、最上部を4度にしている。

パターにもロフト角があり、インパクト後は少しキャリーしてから転がっていく。そこで大切になるのがインパクトロフトで、理想は2〜3度といわれている。しかし、その軌道を考えてみてほしい。ダウンブロー気味に打つと、フェースの上部に当たりやすく、逆にアッパーブロー気味の軌道で打つと、フェースの下に当たりやすい。前者ではインパクトロフトが小さくなり、後者ではインパクトロフトが大きくなる。つまり、一定のロフト角を持つパターでは、縦の打点のズレによりインパクトロフトが変わり、転がりが安定しなくなるというわけだ。しかし、アマチュアゴルファーは横の打点のズレは意識しても、この縦の打点のズレには気づかず、パターにもドライバーのように“テンプラ”や“トップ”が出ているということを知らない。

「SIK GOLF パター」は、オーソドックスな形状で、作り込みも美しい。そして距離感に強く影響を及ぼす、縦の打点のズレに非常に強くなっている。ゴルフの科学者も、アマチュアゴルファーも、誰もがパターの芯で打とうとしている。しかしそうさせてくれないのがゴルフの難しさ。備えあれば憂いなし。全方位のズレに強いパターを一度試してみてはいかがだろう。

画像: デシャンボーが使用するブレードタイプの『PRO(左)』、マレットタイプ『SHO(右)』があり、両タイプともにクランクネックとスラントネックがある

デシャンボーが使用するブレードタイプの『PRO(左)』、マレットタイプ『SHO(右)』があり、両タイプともにクランクネックとスラントネックがある

SIK GOLF パターのPROとSHOを各1名にプレゼント

今週紹介の「SIK GOLF パター PRO」と「SIK GOLF パター SHO」を、抽選で各1名様にプレゼント。週刊ゴルフダイジェスト連動企画「ネクストブレイク ゴルフグッズ&ギア」、気になる人は本誌もチェックしてみよう。応募は下のバナーより。

画像: www.golfdigest.co.jp
www.golfdigest.co.jp

※ここで提供いただく個人情報は商品発送のほか、弊社ゴルフ関連情報のご案内に使用させていただく場合がございます。

撮影/三木崇徳、文/田島基晴

HONMA

This article is a sponsored article by
''.