2019年のルール改正で、旗竿を差したままパッティングできるようになった。いちいち抜き挿しする手間が減って概ね好評だが……そこで素朴な疑問。最初にホールアウトしたあとって、みなさんなにしてますか?

昨年まで、全員がグリーンにオンした後に抜かれたピン(旗竿)は、最初にホールアウトした人が持ち、最後のプレーヤーがホールアウトすると同時に差して次のホールに向かうのが“当たり前”だった。

画像: ピンを差したままパットすることで、思わぬ空き時間が!?

ピンを差したままパットすることで、思わぬ空き時間が!?

しかし、ピンを差したままパットをしてもよくなったことで、その手間が消滅。最初にホールアウトしたプレーヤーは、最後のプレーヤーがホールアウトするまで“空き時間”が生じることとなった。ロングパットを寄せて“お先”をした場合などに突如生まれたこの時間、ゴルファー諸兄姉はどう過ごしてる?

グリーン上の空き時間、どう使ってる?

  • 同伴者のプレーを見ている
  • スコアカードに記入している
  • ピッチマークを補修している
  • 先にカートに戻ってる
  • ヘッドカバーやウェッジ類などを拾うのに使う
  • とくになにもしていない
  • それ以外
  • 同伴者のプレーを見ている
    31
    535
  • スコアカードに記入している
    14
    238
  • ピッチマークを補修している
    13
    222
  • 先にカートに戻ってる
    5
    90
  • ヘッドカバーやウェッジ類などを拾うのに使う
    33
    567
  • とくになにもしていない
    3
    52
  • それ以外
    2
    32

ちなみに、千葉県の某ツアー競技も開催するゴルフ場に聞いたところ、キャディの仕事は明確に減るため、空いた時間を利用してグリーンの補修をするよう指導しているとのこと。「風が吹くと桶屋が儲かる」ならぬ「ピン差したままだとグリーンが良くなる」状態。

いずれにせよ、せっかく生じた小さな空き時間、有効に活用したいものである。

This article is a sponsored article by
''.