シャフト選びのひとつの基準にR、SR、Sなどがあるが、自分はヘッドスピードがこれくらいだからSだな、なんて適当な理由でシャフトを決めてはいないだろうか。表示されたフレックスだけではもはや計りきれないほどシャフトの進化がすごいと話すのは業界屈指のギアオタクでクラブフィッターの小倉勇人。さっそく話を聞いた。

みなさん、こんにちは。ギアオタク店長の小倉です。じめじめと嫌な梅雨が明ければ暑い夏がやってきますが、この時期にちらほらと流れてくるのが今年の新作シャフトの情報です。私もいくつかの新作シャフトの試打会にお邪魔させて頂き、勉強させて頂いております。

画像: シャフトの進化により選択肢も増えている!(撮影/有原裕晶)

シャフトの進化により選択肢も増えている!(撮影/有原裕晶)

ここ2、3年のシャフト事情で個人的に気になっているのが軽量帯のバリエーションの充実と柔らかめのフレックスの進化具合です。昔は製造技術の関係もあり、軽い=柔らかい→パワーがない人向け、重い=硬い→パワーがある人向け、といったモデルがほとんどでしたが、最近のシャフトは製造技術の向上、そしてシャフトを選ぶということが一般化しつつあることもあり、ターゲットとなるゴルファーのタイプによって様々なタイプのシャフトが市販されるようになりました。

ドライバー用シャフトに限れば、軽量と言われる40g台以下のシャフトにもしなやかにしなるRフレックスのモデルから、シャキッとしたXフレックスモデルまで用意するモデルも増え、その重量に適したゴルファーの選択肢が増えたのはもちろん、飛距離に特化した長尺モデルなど、よりひとつの性能に特化したクラブも作りやすくなりました。

This article is a sponsored article by
''.