長さはパター並みの34.5インチで、ロフトは8番と同じくらいの36度! ランニングアプローチが異様なまでにやりやすいのがウケて異例のヒットとなったサブロクウェッジ。「クロ」バージョンはより尖った性能になってます![ゴルフダイジェスト特選商品]

よく「8番アイアンで転がすのが一番カンタン」なんて言われるが、実際のところ8番アイアンで転がすのは意外と難しい。最近のアイアンは8番でもロフトが30度ちょっと意外と立っていたりするし、長さもアプローチでちょこんと打つには意外と長いのだ。

画像: プロキャディ・伊能恵子さんが発案したアプローチ特化ギア「サブロクウェッジ」。とにかくミスが出ない!と評判になり、今も売れ続ける異例のヒットモデルとなった

プロキャディ・伊能恵子さんが発案したアプローチ特化ギア「サブロクウェッジ」。とにかくミスが出ない!と評判になり、今も売れ続ける異例のヒットモデルとなった

そこで登場したのが、ロフト36度、長さ34.5インチのアプローチギア「サブロクウェッジ」。ロフトを36度とほどよく寝かせ、長さをパターなみとしたことでやさしさがググッとアップ。月刊ゴルフダイジェスト掲載を機に人気が爆発した最強アプローチギアだ。

そんなサブロクウェッジのやさしさをさらに追求したらどうなるか……その発想から生まれたのが、今回ご紹介するサブロクウェッジ・クロ。サブロクウェッジの寄せ性能をさらに磨き上げた、“もうひとつのサブロクウェッジ”だ。

画像: ヘッドは変わらず軟鉄鍛造で、黒染め仕様に

ヘッドは変わらず軟鉄鍛造で、黒染め仕様に

このサブロクウェッジ・クロ、サブロクウェッジの根幹であるロフト36度、長さ34.5インチという点はまったく同じ。そもそもヘッド自体は黒染めしている以外はまったく同じだ。
 
ではなにが違うのか。もっとも違うのは実は「グリップ」だ。オーソドックスなラバーグリップを、極太の「ゴルフプライド CP 2 WRAPジャンボ」に変更。パターを想像するとわかりやすいが、グリップが太いほど手首の動きが抑制される。そのため手首の余計な動きによるミスが減り、「当てる」という点ではさらにやりやすくなっている。

画像: グリップは通常モデルより約30グラム重たく、太い「ゴルフプライド CP 2 WRAPジャンボ」に変更

グリップは通常モデルより約30グラム重たく、太い「ゴルフプライド CP 2 WRAPジャンボ」に変更

シャフトもモーダス120のSシャフトと重めのものを採用。総重量は480グラムと重くなったことも、“不器用さ”を高めている。

つまり、アプローチ専用ギアのアプローチ性能をさらに磨いた格好。その分操作性やショット性能はややダウン。しかし、それを補う安心感も同時に得られている。ヘッドは変わらず軟鉄鍛造。打感の良さや見た目のカッコ良さは変化なし。黒い分まぶしくないというメリットも。サブロクか、サブロク・クロか、それが問題だ!

サブロクウェッジ・クロの性能をプロが解説!

画像: 8番アイアンのロフト×パターの長さ「サブロクウェッジ・クロ」はアマチュアゴルファーの救世主となるか!? プロが解説!【奥山ゆうし】【試打】 youtu.be

8番アイアンのロフト×パターの長さ「サブロクウェッジ・クロ」はアマチュアゴルファーの救世主となるか!? プロが解説!【奥山ゆうし】【試打】

youtu.be

サブロクウェッジ・クロはこちらからチェック

サブロクウェッジはこちらからチェック

This article is a sponsored article by
''.