毎週金曜更新】アマチュアゴルファーのお悩み解決レッスン。
プロゴルファー木村友栄の「わかりました!」

木村 友栄(きむら ともはる)
通称:キムトモ。1976年生まれ。日大ゴルフ部出身。日本学生選手権優勝。現在は、ツアーに挑戦しながらニュー南総GCでレッスン活動も行っています!

PAR5のホールで3打目の鈴木将樹さん。

画像: 毎週金曜更新】アマチュアゴルファーのお悩み解決レッスン。 プロゴルファー木村友栄の「わかりました!」

さて、3打目地点に来た鈴木さん。100ヤード先のグリーンにしっかり乗せたいとのこと。いったいどうしたら上手に打てるの?

早速、キムトモのレッスン開始!しっかり乗せられるPOINT3つを紹介します。これで解決方法が「わかっちゃった!」

POINT1 
ボールを上げすぎない

画像1: POINT1 ボールを上げすぎない

鈴木さんは52度のウェッジを選んでいますが、ボールを高く上げようとすると思わぬミスが出ます。ライを見ると少し左足が下がっているのでボールの位置に気をつけましょう。

画像2: POINT1 ボールを上げすぎない

ライを確認したら、ボールの位置はいつもより、少し右に置こう!状況に応じてボールの位置を変えるのもミスショットを防ぐコツです。

POINT2 
マネジメントを考えよう

画像: POINT2 マネジメントを考えよう

状況を確認するとピンの位置が右手前。その手前にはバンカーがあります。そんなときは、マネジメントを考えて構えてみよう!残り100㍎だからといってこの状況でピンを狙うのはちょっと難しいと判断しましょう。

ミスショットの原因はバンカー越えのグリーンの狭いエリアに立っているピンを狙ってボールを上げようとした結果でした。ライや状況をよく見て構えましょう。

POINT3 
ピンとは逆の広いほうのエリアを狙っていこう

画像: POINT3 ピンとは逆の広いほうのエリアを狙っていこう

ピン方向ではなく、グリーンの広いほうのエリアを狙っていこう!2つのポイントを踏まえてアドレスをとってみよう!

⓵ライやピンの位置を確認する⓶グリーンのどこを狙うかを決める⓷状況に合ったボール位置をセットして構える

キムトモの悩み解決レッスンでこ~んなに改善されたのですが・・・どれだけ直ったかは動画で確認してくださいね!

画像: ③100ヤード先のグリーンに乗せるには「キムトモのわかっちゃった!」 youtu.be

③100ヤード先のグリーンに乗せるには「キムトモのわかっちゃった!」

youtu.be

キムトモに教えてもらいたいアマチュアゴルファー大募集!

画像: キムトモに教えてもらいたいアマチュアゴルファー大募集!

キムトモこと木村友栄プロに実際に教えてもらいたいアマチュアゴルファー大募集!

例:アイアンでボールがつかまらない。ドローを打つにはどうしたらいいの?などなど…。お名前 年齢 ハンディキャップ ゴルフのお悩みを明記の上、上のメールアドレスに送って下さい!※撮影は千葉県で行います。ご応募お待ちしていまーす!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.