ケンジロウです。ピッツバーグのオークモントCCよりお届けします。

いやー、本当に長い一日でした(~_~;)

朝の7時30分から昨日ホールアウトできなかったいくつかの組がスタートし、その後初日の午後スタート予定だった組がスタート。その中に入っていた谷口徹や松山英樹も8時半ごろスタートしていきました。この日は谷口も松山も2ラウンドという過酷な旅。

画像: 18番ホールで気持ちよくドライバーを振る谷口

18番ホールで気持ちよくドライバーを振る谷口

そして日没間際の最後に松山が9番ホール(72ホール目)でパターを打つ前にホーンがなって、競技中断となりましたが、なんとか最後のパットまで終わらせて2ラウンドをこなしました。松山より遅い組にいた、ジェイソン・デイやアダム・スコットなどは、また明日7時より第2ラウンドの残りを消化しなければなりません。大変だ~(*_*;

画像: トワイライトの中、同組のガルシア、ダスティンと握手を交わす松山

トワイライトの中、同組のガルシア、ダスティンと握手を交わす松山

雨でグリーンが止まり、スコアを伸ばす選手が現れるかと思いきや、結局初日4アンダーを出したアンドリュー・ランドリーがトップタイ。ダスティン・ジョンソンがスコアを伸ばし、4アンダーでトップタイ。アンダーパーはたったの13人でした。

ご存じの通り松山英樹は2ラウンドを終えて12オーバーで、予選落ちは確実。1ラウンドを終えて4オーバーで上がってきましたが、そのときのカットラインは4オーバーでした。いつもの松山ならここで耐えるのですが、今日は少し勝手が違いました。

画像1: 【全米オープンレポート】vol.6
1日36ホールの耐久ラウンド

インスタートの17番でアプローチ失敗からのボギー、そして18番でダボ。そこから後半はずるずるとスコアを落としていきました。

僕が彼の試合を取材に来た時に予選落ちしたのは初めてですね~(~_~;)残り2日あるというのに、松山君を取材できないのはちょっと残念ですね。

では、その松山英樹はホールアウト後のコメントです。記者とのやり取りを見てください。

今日の試合を振り返っていかがでしたか?

悪くなかったし、まあ上手くいかないときはいかないですね。それを耐えきる力が自分にはないです。

練習ラウンドとまったく違ったコンディションでしたけど、その辺の影響がありましたか(グリーンが重くなっていた)?

それも頭の中ではわかっていましたけど、なかなかイメージが出なかったですね。そこもなかなか修正できなかったのは自分の力不足かなと。

画像: アプローチもなかなかうまくいかなかった

アプローチもなかなかうまくいかなかった

合間の練習(1ラウンドを終えたあとの練習)でかなりアイアンを打っていましたが、しっくりこなかた部分があったんでしょうか?

グリーンを狙う以外のアイアンショットだったら良かったんですけど、グリーンを狙うショットのアイアンがなかなかうまくいかなかったんです。そこがまだ自分の技術の無さかなって……。

2ラウンド目の18番ホールはどんな様子だったんですか(ダボを打ってしまった)?

普通だったらその距離は乗せられる状況だったんだけど、2つやってしまいまして。あそこでちょっと(集中が)切れそうになりましたね。

画像2: 【全米オープンレポート】vol.6
1日36ホールの耐久ラウンド

ショットが思うようにいかなかった?

練習場ではいいんで。それをコースに対してもっていく力がない。コースが難しいからそういう風になってしまうのかもしれないですし、まあそこでショットが崩れるのだとそこでは勝てないのだし、そこで崩れてはダメですね。

今後はどのように調整していくんですか?

試合もやりながらですね。まあいまはショットの自信もないので、まあ練習を終えたときはやる気満々でスタートできるんですけど、試合が始まるとね。最近はそういうのが続いているから、これが少しでも練習のようなスウィングができるようになったら楽かなと負います。

さすがに意気消沈していた松山英樹。ラウンド中、幾度となくシャドースウィングをして、スウィングの調整を試みているようでした。このコースでショットの調子が悪いと、やはりスコアはまとまらないですよね。インタビューでも悔しさがにじみでていましたね。

画像: インタビューを終えた後、時計の針は9時を回っていた

インタビューを終えた後、時計の針は9時を回っていた

ショットの自信を取り戻して、次なるメジャーの全英に挑んでほしいデスね(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
まだ明日も第2ラウンドが残っていますが、予選カットは+5の辺りになるのではと予想されています。当落線上にいるジェイソン・デイはどうなるのか?世界ランクNo.1の予選落ちだけは避けてもらいたいですね……(~_~;)

画像3: 【全米オープンレポート】vol.6
1日36ホールの耐久ラウンド

ちなみに、明日予選の1ラウンドを残しているJ・スピースとR.マキロイは練習場でみっちり球を打っていましたよ~♪

写真/姉﨑正

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.