グリーン上に残っているピッチマーク。本来であれば自分の分は自分で直すべきもの。むしろ人のものでも余裕がある人は直してあげたいもの。でも実際にピッチマークの正しい直しかた、ご存じだろうか。

あなたもグリーンをほじほじしてください!

ボールマーク、正式にはピッチマークという。ルールではパット線上のスパイクマークや靴の跡は直せないが、ボールマークと、古いカップ跡のデコボコは直すことができる。

よくテレビ中継で、プロたちが自分のボールマーク以外でも、けっこう熱心に直しているシーンが映る。プロは誰よりもグリーンを大切に思っているのだ。アマチュアの人もボールマークを見つけたら、ホジホジしてみてほしい。

「刺したら寄せる」が合言葉

画像: 高い方の土手を直すのが基本です!

高い方の土手を直すのが基本です!

ボールの重みやスピン等でグリーン上にボールのへこみができる。これがボールマークだ。だいたい、ボールが落ちた向こう側が、高く土手のように盛り上がるので、そこを直そう!

里祐太郎プロがピッチマークの直し方を解説

画像: 【ゴルフマナー編】ピッチマークはどう直すの? youtu.be

【ゴルフマナー編】ピッチマークはどう直すの?

youtu.be
画像: 里祐太郎プロ 東名CC(静岡県)所属

里祐太郎プロ

東名CC(静岡県)所属

斜めに刺したら寄せてください!

まず、いちばん高い土手の部分を直していく。グリーンフォークは、ボールマークの緑ギリギリのところではなくて、少し外側の斜めに刺していく。

盛り上がった土手の芝は、低くなっている穴のところにあった芝がずれてできたものなので、そのずれてできた芝を元に戻すように寄せてやればいいのだ。グリーンフォークのない人は、ティペグで直してもいい。

次に、脇の高いところを同じ要領で直していく。

画像1: 斜めに刺したら寄せてください!

次に反対側と、3ヵ所くらい戻してやると、芝は元に戻る。

画像2: 斜めに刺したら寄せてください!

最後にパター等で平らにならして完了だ。

画像3: 斜めに刺したら寄せてください!

決して、刺したり上げたりしてはダメ。真ん中がへこんでいるからといって、外側から刺したグリーンフォークの先端を持ち上げている人がいるが、それでは芝の根を切ってしまう。グリーンフォークは、「刺したら寄せる」を覚えておこう。

キャディさんは、穴が深いときはフォークの腹で。穴が浅いときはフォークの背でやっているそう。こうすればキレイにできるそうだ。

グリーンフォークを可愛いものにしたい方、ゴルフダイジェスト社の通販サイト「ゴルフポケット」では『キン肉マン』のグリーンフォークが購入できるぞ!

間違った修復を行うと根を傷つけてしまう恐れがある。適切な修復を行うことが大切だ。また、周りにいる初心者ゴルファーにも、この方法をしっかりと教えてあげよう!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.