こんにちは!バンキシャH部です。さて、北海道3連戦の第2戦。今週はゴルフ5レディスがゴルフ5カントリー美唄コース(北海道・6364ヤード・P72)にて開催されています。リオ帰りの大山プロの日本復帰戦でもありますね。前回優勝はイ・ボミプロ。成田美寿々プロとの熾烈なプレーオフの末、11アンダーで優勝でした!

昨日初日を迎え、初日終了時には申ジエプロが7アンダーでトップ、それを追いかける形で穴井詩プロが6アンダー、鈴木愛プロが5アンダーでした。

2日目の終了時点では、穴井詩プロ、鈴木愛プロ、申ジエプロが1位タイ、1打差の4位にイ・ボミプロと明日の上位争いは激しくなること間違いなしですね!一体どうなる?!

ということで、明日ドラマが繰り広げられるであろう上がり3ホールを見ていきましょう。今回は、香妻プロにお話を聞いてみましょう!

画像: 怒ってるってよく言われるけど怒ってません

怒ってるってよく言われるけど怒ってません

16番(パー4、355ヤード)

画像: ティグラウンドから

ティグラウンドから

左が池の左ドッグレッグのパー4。もう完全にL字ですね。このホールはとにかくティショットの落としどころに集中したいと思います。

画像: グリーン側より

グリーン側より

フェアウェイのうねりもあるので、池に入れないことを第一に考えて、右側から攻めていこうと思っています。

17番(パー3、146ヤード)

画像1: 17番(パー3、146ヤード)

これぞピート・ダイ設計のアイランドグリーンのパー3。奥にこぼれても池なので、ティショットを大切に打っていきたいですね。

画像2: 17番(パー3、146ヤード)

グリーンのどこに落ちても対応できるように、傾斜だけの確認はじっくりと練習してきました。ピン位置によっては、“行ってはいけないところ”に気を付けて、ミスしたとしても安全なほうに落とせるよう狙っていきます。

18番(パー4・382ヤード)

画像1: 18番(パー4・382ヤード)

少し右にドッグレッグしていて、右サイドにずっと続いている池がプレッシャーですね。ティショットでバンカーに入れていまうとグリーンが狙えなくなります。なので、どちらかというと左サイドを狙って攻めていくのが大事だと思います。

画像2: 18番(パー4・382ヤード)

あと、このホールの特徴はグリーンが縦長なこと。グリーンに絶妙な傾斜もあるので2打目の距離感がかなり重要になってくると思います。ピン位置によってはかなり難易度も上がるんじゃないかな?最終ホールにふさわしいと思います!

こっちゃん、ありがとうございました!最終日、皆さんの優勝予想はどの選手ですか?

さて余談ではありますが、表純子プロが昨日、 最多連続出場試合数記録を200の大台に乗せた そう。

画像3: 18番(パー4・382ヤード)

「人間ですから、好きなコース、苦手なコースがある。だけど、苦手も回数を重ねていくと、いいスコアが出る。当然、好きになってしまう。もっとも、私は休んでもすることがないから、試合に出ていることで、ゴルフも上手になっていくと考えています」(LPGAホームページより)

こんなプロたちの記録にも注目して観戦してみてくださいね!

【テレビ放送】
■BSジャパン
9月3日(土) 16:00~17:30(予定)
9月4日(日) 15:30~17:30(予定)
■CS・ゴルフネットワーク「とことん1番ホール」
《LIVE》
9月3日(土) 7:00~10:15
9月4日(日) 7:30~10:00
《プレイバック》
9月3日(土) 13:30~16:00
9月4日(日) 12:30~15:00

↓↓プロのプレーの目の前で!観戦チケットプレゼントはコチラ↓↓

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.