「冬のウェア」と言えば代表的なのがダウンです。確かにすごく温かいですよね。温かいけど、家で洗えないし、水濡れに弱いし、手入れも大変だし、何よりもお高い…。あーあ、ダウン並みに温かくて、家で洗えて、水濡れに強くて、手入れが簡単で、お手頃価格のウェア、ないかなぁ…。

と、思っていた矢先のことでした!そんな夢のようなウェアがあったんです!これは知っておいて損はないと思いますよ~(^_-)

画像: わきのストレッチリブがスウィングの動きを邪魔しない

わきのストレッチリブがスウィングの動きを邪魔しない

その名も“ミズノテックフィル”。組成であるポリエステルの繊維の中を空洞にしてクルクルッとらせん状のような特殊な構造にすることで、原綿自体がフワッフワなんです。フワッフワということは、繊維が蓄える空気量が多く、温かい空気を溜めやすく、逃がしにくいということなんですね!

画像: すその部分はふくらみをカットして動きやすさキープ!

すその部分はふくらみをカットして動きやすさキープ!

でも、温かさだけだったら、ダウンと変わりませんよね。この繊維のスゴイところが濡れた時の保温性なんです。ポリエステル繊維なので、水を吸いにくく、濡れてもふくらみの低下が少ないとか。急な雨や雪、大量に汗をかいた時でも保温性能は低下しません。乾燥時と、高湿度それぞれでダウンと保温性を比較したら、どちらもダウンに勝ったとか…!

個人的にはこんなに真っ白なウェアはなかなか選ばないのですが、洗えるんだったら選択肢にも入ってきますよね。というか、着たいです。

画像: 着た瞬間から背中部分が温かくなりました!

着た瞬間から背中部分が温かくなりました!

さらにすごいのが、背中の上部に発熱素材の「ブレスサーモ」を使用しているので、背中がとてもポッカポカというところ。ダウンと違って家で洗えるのも、願ったり叶ったりですよね。

この秋冬のウェア特集、次はソーラーパネルのようなウェアをご紹介します!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.