Kくんのボールはグリーン上にナイスオン。これを入れたらバーディでベストスコアを更新! ところがラインを読んでるときに狙いどころをヘッドで“トン”。

あれ?ボールマークを直したようにも見えなかったけど…。これってペナルティになるのかな?

グリーン上にボールがある時に、パットの線上の目標を指す意味でクラブヘッドで触れた。

正しいと思われる処置にチェックを入れて下さい

  • A ボールマークも無罰で修復可能なので、この場合も無罰でプレー続行
  • B パットの線上に触れてはいけないので、1打罰が課せられる
  • C パットの線上に触れてはいけないのです、2打罰が課される
  • A ボールマークも無罰で修復可能なので、この場合も無罰でプレー続行
    13
    191
  • B パットの線上に触れてはいけないので、1打罰が課せられる
    43
    604
  • C パットの線上に触れてはいけないのです、2打罰が課される
    44
    625

今回のポイントはパットの線上に触れた場合のルールです。まず、パットの線上とはグリーン上でストロークしボールを転がしたい線のこと。線といっても多少の幅はあるものと考えられています。

この「パットの線上(ライン上)を触る」というのは手や体の一部がグリーン面に触れること、パターで触れること、靴で踏むことも含まれます。もちろん例外もあります。距離を測っている時つまり、歩測している時に踏んでしまった場合です。意図的にライン上を踏んだりすればペナルティとなります。

したがって正解は C となります。キャディさんもパットの線には触れてはいけません。旗ざおで目標を達成を指している時にグリーン面に触れてもいけません。気をつけましょうね。

ちなみにグリーン外のカラーなどにボールがある場合は無罰となります。

画像: 【知っておきたいルール】ココを狙って打てば入るかなぁ

ルールをわかりやすく解説しています⇩

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.