パー5の2打目をせっかくフェアウェイに飛んだのに、ボールはなんと斜面・・・。残り200ヤード。トホホ、このライじゃ「フェアウェイウッドは打てない」と、諦めてアイアンを握っていませんか?そんなことはありませんよ!今井プロに解説してもらいましょう!

解説してくれるプロ

画像: 今井克宗プロ。1972年生まれ。巧みな技でツアー2勝を上げる。明るいキャラクターでいつも周りを楽しませてくれる

今井克宗プロ。1972年生まれ。巧みな技でツアー2勝を上げる。明るいキャラクターでいつも周りを楽しませてくれる

前回、お伝えしたプロのアドレスは、つま先上がりなのにきっちり前傾を取っているし、まるで斜面ではないような感じに見えます。

画像: 斜面を消したGOODアドレス

斜面を消したGOODアドレス

「つま先上がりになると、一番難しくなるのはボールとの距離です。よく距離が合わず、手元が浮いて棒立ちの人を見ますがこれではダメ。ポイントは、ボールと自分の距離を知ること。まず。構える前にエアアドレスで距離を確かめましょう。

すると、自然にクラブをどのくらいで握ったらいいかが見えてくるんですよ。そうすることで、斜面なのに、普段と同じように前傾を作れて、棒立ちにはならない。これがつま先上がりでは重要なんです」

どう構える?
棒立ちにならないように注意しよう

ポイント1
ピンよりも右を向いて構える

画像: ポイント1 ピンよりも右を向いて構える

フックしやすいライなのでピンよりも右を向いて構える。足だけでなく、体全体を向ける。

ポイント2
ひざを落として前傾角を作る

画像: クッションを使います

クッションを使います

ボールとの距離が的確でないと棒立ちアドレスになる。距離を知ることで、ひざを使うことが可能に

ポイント3
足の内側に力を入れる

画像: ポイント3 足の内側に力を入れる

かかとに体重がかかりやすくなるが、太ももの内側に力を入れることでそれを防げる

ポイント4
グリップを短く持つ

画像: ポイント4 グリップを短く持つ

ボールとの距離を知ることで、グリップは自然と短く持つようになる。コンパクトに振れる

どう打つ?
クラブを立てたまま下ろしてこよう

ポイント1
左手首の角度を変えない

画像: ポイント1 左手首の角度を変えない

クラブが入りやすいライではあるが、フックしやすい。左手首の角度を保ち、クラブが立った上体をキープする

ポイント2
フェースを返す意識を持たない

フックが出やすいライで手首を返すと余計フックしてしまう。右にボールを出す意識でローテーションをしない

なるほど、斜面から打つときは、構える前にエアアドレスで距離を確かめればいいんですね!そうすればクラブをどれくらいで握ったら良いのかが見えてくる。これで、普段と同じように前傾を作れますね!今井プロが教えてくれたコツを参考に、皆さんもぜひ練習してみてはいかがでしょうか。

2012年月刊ゴルフダイジェスト11月号出典
撮影/田中宏幸

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.