「アイアンが苦手で、どうしても当てにいってしまう・・・」。そんな悩みを持つアマチュアゴルファーって多いですよね。

カミソリのような切れ味とも謳われたアイアンの名手安田春雄プロはこう語ります。

安田春雄プロ。
ピンに絡むアイアンを武器に一時代を築いた昭和を代表するアイアンの名手

「ダウンブローっていうでしょ。あれはあんまり信用しない方がいい。打ち込む意識が強いほど、ボールを“当てにいく”感じになるんだ。そうすると、どんどん手で振るようになる。それでも練習場はいいですよマットでクラブが滑るから。でもそのスウィングをコースに持ち込んだら大変。たちまち、ダフり、トップのオンパレード」(安田プロ)

打ち込む意識が手打ちを招くとのこと。どうすれば安田プロのような切れ味鋭いアイアンショットを打つことができるのか。今回は安田プロに「アイアンの極意」を教えてもらいましょう。

「ボールが見えなきゃ、“空中”を振るだろ?」

アイアンはね、“空中”を振るんだ。空振りしろってわけじゃないよ。そのぐらいでちょうどいいってこと」。そう言うと安田プロは、おもむろに目隠しをしてアイアンショットを披露。見事に芯でボールをとらえます。

目隠ししても芯でヒット

安田プロ曰く、「ボールが見えなければ打ち込もうなんて誰も思わない。サッと空中を振る感覚。これが極意ですよ。」

ヘッドは真横から入る

「スウィングなんて、トップとフィニッシュをつなげるだけ」

そしてもうひとつ安田プロが教えてくれたアイアンの極意は、「トップとフィニッシュをつなげたものが“スウィング”」だということです。

安田プロが指摘するアマチュアに多いミスの原因は、先の“打ち込みすぎ”。そしてもう一つが“振りすぎ”です。アマチュアの多くが持つアイアンの“飛ばし信仰”は捨てるべきだということです。

トップで手は右肩の上

「トップとフィニッシュを決めて、それをつなげたものが“スウィング”なんだから、トップでは、手を右肩の上、フィニッシュは左肩の上、意識するのはそれだけだよ。これで振りすぎを防ぐことができる。インパクトなんて作ろうとしちゃダメ。それよりもまず、フィニッシュで手を高く、バランスよく立っていられる姿勢、それを強く意識してほしい。何度も言うようだけど、打ち込もうとしちゃいけないよ」(安田プロ)

画像: 上から入ると低いフィニッシュになる

上から入ると低いフィニッシュになる

最後に「スウィングは左右対称」と安田プロ。意識するのは、トップとフィニッシュ、そして打ち込み過ぎないこと。アイアンショットもシンプルに考えることができれば、安田プロのような切れ味鋭いアイアンショットが手に入るかもしれませんよ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.