東北福祉大では池田勇太と同期、現在は谷原秀人が主宰するスクール「原宿ゴルフアカデミー」のインストラクターを務める山本健太プロ。山本プロよれば、「飛ばすには、両手にグローブをはめてサンドウェッジで打つとといい」という。一体どういうことなんだろう?

グローブをはめてサンドウェッジを打ってみよう

「アイアンが飛ばない方にも効果的ですが、普段のグローブを外して、防寒用の厚手の手袋をはめて、SWで打ってください」と、山本プロ。

飛ばしには、インパクトで手元がわずかに先行した“ハンドファースト”が必須。やろうと思ってもなかなか難しいこのカタチが、このドリルを繰り返すことで身につくという。

画像: 強く握れないため自然に手元が先行するとのこと

強く握れないため自然に手元が先行するとのこと

すくい打ちの人に効果的なドリルだ

「防寒用のグローブをつけると、クラブを強く握れないため、手先ですくい打つ人はボールに当たりません。そのため、自然と手を先行させて、体のターンで振るようになり、ハンドファーストのインパクトが身に付きます」(山本)

画像: クラブを強く握れないので、すくい打ちが直って飛ぶようになる

クラブを強く握れないので、すくい打ちが直って飛ぶようになる

両手グローブ打ち、試してみてはいかが?

(週刊ゴルフダイジェスト2016年2/2号より抜粋)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.