ダウンロード数国内NO.1のゴルフ動画配信・スコア管理アプリの「ゴルフネットワークプラス」。その中に、自分の悩みに応じたレッスンをスマホで手軽に観られる動画コンテンツ『練習ドリル』がある。その中から、内藤雄士コーチによる「トップ~切り返しの基本」を習得するための簡単ドリルを紹介!

右肩をしっかり回してスウィング練習

「アマチュアゴルファーの多くが、シャフトプレーンに対して肩の回転が不十分であるため、本来の正しいトップのポジションよりもアウトサイドになったり、そこからクラブヘッドだけをたらして大きいフックボールになってしまっていたりします」(内藤コーチ、以下同)

画像: 正しいポジションよりアウトサイドになっている悪いトップ位置

正しいポジションよりアウトサイドになっている悪いトップ位置

画像: フックボールを招くクラブヘッドだけがたれた状態

フックボールを招くクラブヘッドだけがたれた状態

では、それらを防ぎ、真っすぐ飛ばすにはどうしたらいいのだろうか?

「シャフトプレーン上に近いところにクラブを引いて、スウィングすることが大切です」

シャフトプレーンとは、飛球線後方から見た時のアドレス時のシャフトの延長線上のこと。現代のスウィング理論に欠かせない考え方だ。

画像: オレンジ色の線がシャフトプレーン

オレンジ色の線がシャフトプレーン

「右肩を真後ろに引いていきながら、グリップエンドをそれに沿って上げていく事で正しいバックスイングができます」

画像: 右肩を引くように回すことが大切

右肩を引くように回すことが大切

画像: 肩の動きにあわせてグリップエンドが自然にシャフトプレーンにのる

肩の動きにあわせてグリップエンドが自然にシャフトプレーンにのる

「両わきを締めた状態をキープしつつ、左足を踏み込んでダウンスイングします」

画像: 両脇を締める意識をしよう

両脇を締める意識をしよう

シャフトプレーンに近いところでスウィングできると、方向性が安定するだけでなく、ショットの再現性が高くなる。スウィング動画を撮影しながらチェックするのもおすすめだ。

※レッスン番組「あすゴル!」より

画像1: 右肩をしっかり回してスウィング練習
画像2: 右肩をしっかり回してスウィング練習

ないとう・ゆうじ 1969年生まれ。日本大学在学中にアメリカに留学。最先端のゴルフ理論を日本に持ち帰ると、丸山茂樹のPGAツアー3勝をサポート。ツアープロコーチの概念を日本に根付かせた。今回の記事は、ゴルフネットワークで放送/配信中の「あすゴル!」より

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.