キムトモこと木村友栄プロのレッスン動画「ドライバーが真っすぐ飛べば、ゴルフはカンタン!」。今回は「飛ばしたいなら両ひざを立てて打とう」がテーマだ。この「ひざ立ちドリル」ボールがつかまらないスライサーはぜひ試したいドリルなのだ!

正しい腕の使い方が身につく

画像: ⑦ドライバーレッスン「飛距離アップには、両ひざを立てて打ってみよう」木村友栄の『ドライバーが真っすぐ飛べばゴルフはカンタン!』 youtu.be

⑦ドライバーレッスン「飛距離アップには、両ひざを立てて打ってみよう」木村友栄の『ドライバーが真っすぐ飛べばゴルフはカンタン!』

youtu.be

「『ひざ立ち打ちドリル』は、腕が上手く使えない人、体が先行してクラブが開いて当たってしまう人にぜひやってほしいですね。スウィング中の正しい腕の使い方が身につきますから」と話す木村友栄(ともはる)プロ。

この「ひざ立ち」、試してみると結構難しい……。さっそく、そのやり方をキムトモに教えてもらおう。

両ひざを立てて‟肩を水平”に回そう

「肩幅くらいに足を開き、両ひざを立てます。手元や球の位置は構えやすいところでいいです。そして、前傾角度に対して肩を水平に回します。左肩が上がったり下がったりしないようにしてください」(木村)

ダウンスウィングで左肩が下がったり、ハンドファーストのカタチを作ろうとして手元が先行してしまうとボールのはるか手前をダフってしまう。

そのような人は、胸とボールが正対した状態をキープしたまま、クラブが体を追い越していくような意識でドリルを行うといいとのこと。詳しいやり方は、動画をチェックしよう!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.