2017年5月14日付けの男子世界ランクが発表され、松山英樹は7.70ポイントで、ジェイソン・デイと入れ替わって世界ランク3位となった。日本人がトップ3となるのは今回が初めての快挙だ!

世界ランク2位も「射程圏内」

1位はダスティン・ジョンソン、2位はローリー・マキロイと順位は変わらず。1位のダスティン・ジョンソンは13.32ポイントと2位のマキロイに4.18ポイント差をつけている。2位のマキロイと3位の松山との差は、わずかに0.8ポイントとその背中をとらえることのできる位置まで来ている。

画像: 残り21試合でどのようなプレーを魅せてくれるのか?

残り21試合でどのようなプレーを魅せてくれるのか?

2016-2017シーズンも中盤戦に入り、残りは21試合。日本人初の世界ランク1位&賞金王の可能性も大いにある。次の試合は5月18日から21日までの4日間で行われる「AT&Tバイロン・ネルソン選手権」だ。

マキロイを超えて世界2位へ、そしてその先の世界1位、そして悲願のメジャー制覇へ。松山英樹は止まらない!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.