気になる1本をクラブ設計家・松尾好員氏と堀越良和プロが試打して徹底分析! 今回は、2017シーズン・ほけんの窓口レディースで優勝を飾った鈴木愛が愛用中の「ピン i200 アイアン」。ショットメーカーでもある彼女を支えているこちらの1本、その性能やいかに!?

オーソドックスなヘッドに構えやすいストレートネック

 女子プロのなかでも、正確なショットを繰り出す鈴木愛が使用中の「ピン i200 アイアン」。

松尾好員氏の計測によると、「クラブ長さは7Iで実測37.13インチと標準的。クラブ重さは軽量スチールシャフト仕様で実測412.9グラムとやや重くなっており、その結果、クラブの振りやすさの目安となるクラブ慣性モーメントは269万g㎠とやや大きくなり、ドライバーのヘッドスピードが45m/sくらいのゴルファーがタイミング良く振れる設計になっています」

画像: フェース背面の大型エラストマー素材(CTP)で打感が向上

フェース背面の大型エラストマー素材(CTP)で打感が向上

また、このクラブの形状は「ヘッドはピンのプロモデルらしくオーソドックスで、かつストレートネックで、スクエアに構えやすくなっています。そして前作のiブレードよりもわずかにフェースが長く、ソール幅も広くなり、少しやさしさ感が出ていますね」と分析する。

初心者から上級者までどのレベルでも使いこなせる1本

実際に試打した感想を聞くと、松尾氏は「試打クラブは7番でモーダス3 ツアー105のSシャフト仕様で、軽量スチールながらしっかり感があります。ヘッドはステンレスなので、軟鉄ヘッドよりも打感は硬いのですが、フェースの背面にある弾性を持ったエラストマー素材の衝撃吸収材(CTP)により振動が抑えられています」と評価。

画像: ストレートネックでスクェアに構えやすい

ストレートネックでスクェアに構えやすい

一方の堀越プロは、「ピンらしいオーソドックスなヘッドで、構えると弾道のイメージがわきでてくるアイアンです。打ってみると操作性がよく、開いても閉じても自分の思い通りの球が打てますし、抜けも申し分ありません。最近のクラブにしては、ミスに対する許容性が少し小さい気もしますが、それが逆に芯で打てたときの快感につながり、正しいスウィングをつくってくれるのでは?」とコメント。

画像: スウィートスポットは最近のクラブより高めに設定

スウィートスポットは最近のクラブより高めに設定

さらに松尾氏は、「リアルロフト角設定は大きめですが、大きなバウンス角を生かしてダウンブローにスウィングして、ロフトを立てながら強い球を打ちやすくなっています。最近のクラブに比べるとロフトがあるので、しっかりしたダウンブローが身につく1本ではないでしょうか」と言えば、

堀越プロは、「ヘッドスピードが43m/s以上ある人であれば、初心者から上級者までどのレベルでも長く使い続けられると思います」と締めくくってくれた。

※詳細なヘッドスペックは、週刊ゴルフダイジェスト6月6日号「ギアプロファイリング」をチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.