ラフの抵抗が日増しに強まるこの季節、元気いっぱいのラフに対して、トーナメントプロはどんなことに注意して打っているのだろうか? 大ベテランの藤田寛之プロに、実際にやっている初夏ラフ攻略法を教えてもらった。

素振りで「最下点」を確認しよう

藤田プロによれば、初夏のラフからナイスショットを打つためには、打つ前に素振りでヘッドの抜け具合を確認する必要があるという。

素振りをするには理由がふたつある。ひとつめは、芝の抵抗を確認しながら素振りを行うことで、ヘッドが楽に抜ける入射角度を探るということ。ラフにあるボールは浮いているように見えても実際は芝の抵抗が強かったりする場合があるし、これを行うことでヘッドの抜け具合も確認できるのだ。

もうひとつは、最下点の意識を高めるためという理由だ。「多くの人は下からすくい打つので手前をダフる。素振りで、打つ場所の最下点を確認しておくんです」(藤田、以下同)

画像: 「ラフは力じゃありません」(藤田)

「ラフは力じゃありません」(藤田)

素振りで最下点と最適な入射角度がイメージできたら、次は打ち方の注意点。まず、初夏の芝は長さは短くとも徐々に強さを増しているので、芝ごと運ぶように最後まで振り抜くことが重要だ。

「手先で振るとどうしても抵抗に負けるので、しっかり体の回転で芝ごと運ぶイメージを持って振り抜くことが大事です」

また、ラフだからといって力むと、ダウンで体が突っ込んで体の右サイドが下がりやすい。「ヘッドが落ちるとラフの抵抗が強くなって打てません。右腰を下げずに水平に回転させましょう」と藤田プロは言う。繰り返しになるが、すくい打ちは厳禁だ。

画像: スウィングはフォローまで「頭の高さを変えない」のが藤田流、しっかり体の回転を使って振り抜きをチェックしよう!

スウィングはフォローまで「頭の高さを変えない」のが藤田流、しっかり体の回転を使って振り抜きをチェックしよう!

打つ前に素振りでヘッドの抜け具合を確認したら、あとは信じて振るだけ。藤田プロのように振り切ることができれば、ラフからでもきっちりと高さと距離を出すことができるぞ。

(週刊ゴルフダイジェスト2016年6/21号より一部を抜粋)

This article is a sponsored article by
''.