梅雨に入って、雨の日のゴルフが増える時期。楽しみにしていたラウンドが中止に追い込まれてしまった人もいるかと思うが、ちょっと待って! 雨の日だからこそできるちょっとした“裏技”を知れば、雨の日ゴルフも楽しめる。期待の若手・笹原優美プロにそのためのコツを聞いてみた。

雨の日は「コンパクトスウィング」でいこう

こんにちは! バンキシャM子です('◇')ゞ いやー梅雨がやってまいりましたね。ずっと前から楽しみにしていたラウンドを、雨ということで中止にするのはもったいない。ということで、雨の日にできる裏技がないかどうか、早速調査です!

明るい笑顔といつでも前向きでポジティブな心持ちで、周りまでもを明るくしてくれる笹原優美プロにお話を聞いてみました。

画像: この日も少し雨が降っていました

この日も少し雨が降っていました

M子:アマチュアにもできる雨の日の裏技、なにかありますか?

「そうですね。雨の日は飛ばないので、飛ばそうと思って思いきり力を入れて打ったり、オーバースウィングになりがちです。そうなると雨による支障だけじゃなくて、スウィングが崩れてミート率も下がってしまいます。ミート率が高ければボールはしっかりと飛びます」

M子:なるほど。どうしたらいいのでしょうか?

「雨だからと力んでオーバースウィングになるのではなく、雨だからこそ大振りをせずに確実にボールをとらえてミート率を意識してみましょう。それこそ、雨の日だからこそできる練習だと思ってやれば、雨の日のゴルフも楽しくなってくると思いますよ!」

画像: 雨だからと飛ばそうと思わないで(左)、ミート率を意識したプレーを心がけてみては?(右)

雨だからと飛ばそうと思わないで(左)、ミート率を意識したプレーを心がけてみては?(右)

雨の日のゴルフだからこその発想の転換ですね! 雨の日のミート率が上がれば、おのずと晴れの日のミート率も上がって飛距離も伸びていいこと尽くめ。笹原優美プロが教えてくれた雨の日だからこその発想の転換で、お天気に左右されずにゴルフを楽しみましょう! 次のゴルフの予定が雨予報のM子も早速やってみます(*ノωノ)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.