2017年シーズン、飛距離を大幅に伸ばしたことで話題の女子プロといえば葭葉(よしば)ルミ。平均飛距離260ヤードの葭葉は「右足をねばって、上から打つのがポイントですよ」と話す。そのコツ、教えてもらおう!

右足で地面を押し込むことで、上からヘッドを入れられる

今シーズンの女子ツアー、ドライビングディスタンスで1位にいるのが葭葉ルミだ。飛ばしにこだわり、飛ばすためのトレーニングを重ねてきた。

「飛ばすには目一杯振ってもバランスが崩れない体幹の強さが必要になります。バット素振りなどで、とにかく速く振れるようにしました。体の使い方のポイントは右足。切り返しからインパクトにかけて、右足で地面を踏み込むように、下に圧力をかけます。地面を蹴るのではなく、押し込むイメージです。右足をねばらせることができれば、クラブが寝ないので、上からヘッドを入れることができるのです」(葭葉)

ヘッドが落下する力を利用するには縦に振る必要があるというのが葭葉の考えだ。

画像: 右足で地面に圧力をかけることで、重心が下がり、ボールへ力を効率よく伝えることができる

右足で地面に圧力をかけることで、重心が下がり、ボールへ力を効率よく伝えることができる

スウィング中にポイントとなるのがつねに右手が上になるようにすること。クラブが寝なくなり、上からボールをとらえることができる

画像: 「上から入れる肝はココですよ!」

「上から入れる肝はココですよ!」

インパクト後も右足は我慢しよう。右足のねばりは、インパクト後まで継続することで、ボールを押す力が増大する。右足をねばらせながら、左足を伸ばすように使うことで回転力が高まる。

画像: 「ベタ足のイメージ!」

「ベタ足のイメージ!」

決して体格に恵まれているわけでもないが、我々男性アマチュアゴルファーよりはるかに飛ばす葭葉ルミ。平均飛距離260ヤードの秘密は右足のねばりにあった!

葭葉ルミ(よしば・るみ)1993年生まれ、東京都出身。身長160センチ、体重56キロ。昨年のニッポンハムレディスでツアー初優勝を飾る。平均飛距離260ヤードの飛ばし屋

(週刊ゴルフダイジェスト2017年6/27号より)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.