2017年シーズンはここまでトップ10に5度も入るなど、初優勝の期待がかかる堀琴音。そんな堀の好調を維持しているのがキレキレのアイアンだ。そんな堀にアイアンショットのコツを尋ねると、「始動の右わきがとにかく大事」と話す。一体どうしてだろう?

『始動』の右わきがとにかく大事

堀琴音がアイアンショットの際に意識しているのが、「始動の右わき」。

「右手を上手く使うために、私はテークバックをとても意識しています。自分の思ったとおりに下ろすには、まずは思ったとおりに上げることからスタートですよ」(堀、以下同)

ポイントは、右わきをしっかり締めてテークバックすること。そうすると腕と体が一体となって動くので、体の中心でボールをヒットできる。

「ダウンの際、右手でクラブを引きつけられるようになるので、体の正面でインパクトしやすくなります」とのこと。また、腕と体が一体となり、右手を自分の思ったところに上げることができれば、右手を下向きの方向に使え、ダウンでクラブが立つ。

体の正面でインパクトできる

始動で右わきを締めて、体の回転でクラブを上げることができれば、ダウンスウィングも体の回転を使える。結果、下半身でしっかりボールを押し込めるインパクトになる。堀は右わきにグローブを挟んだままテークバックを始動し、トップの位置に来たら落ちる練習をしているのだとか。

「グローブが落ちないように上げます。ここまできたら落ちてOK」

ピンを刺してスピンで止める、分厚い当たりを目指すなら、右手を上手く使いたい。そのためには始動の右わきが重要になってくるのだ。きれいな放物線を描きグリーンの上でスッと止まるショットを目指そう!

写真/大澤進二

(週刊ゴルフダイジェスト2017年11/29号より抜粋)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.