自身400ヤードを超える記録を持つドラコン選手であり、2017年レッスン・オブ・ザ・イヤーを受賞した安楽拓也プロ。飛ばしには、重心移動が必要です」と語る安楽プロに正しいやり方を教えてもらった。

重心移動は、クラブヘッドを見たまま、始動のタイミングで体を一緒に動かそう

安楽拓也プロは「飛ばしには重心移動が大切」だと話す。たとえば、重いものを持って投げるときに、頭を動かなさないで(重心移動しないで)投げても上手く飛ばせないが、体を揺すりながら(重心移動しながら)物を投げれば、遠くに飛ばすことができる。ゴルフもそれと同じで、適度な重心移動なくしては飛ばせないというのだ。

「ボールを凝視したまま、テークバックで重心移動をしようとすると、頭が左に突っ込んでしまう『リバースピボット』となってしまいます。アドレスでボールではなくクラブヘッドを見て、クラブヘッドを上げるタイミングで目線と一緒に体を動かして始動してみてください。そうすれば自然に重心移動ができるはずですよ」(安楽)

画像: クラブヘッドを上げるタイミングで目線と一緒に体を動かして始動すれば、自然に重心移動が身につく

クラブヘッドを上げるタイミングで目線と一緒に体を動かして始動すれば、自然に重心移動が身につく

なるほど、クラブヘッドを見たまま始動のタイミングで一緒に体を動かす。たったこれだけでいいのか!

実際の動きは動画でチェック

画像: 飛距離アップレッスン②「ボール」じゃなくて「ヘッド」を見よう!ドラコンプロが教える正しい“重心移動”【安楽拓也の痛快!飛ばし塾』 youtu.be

飛距離アップレッスン②「ボール」じゃなくて「ヘッド」を見よう!ドラコンプロが教える正しい“重心移動”【安楽拓也の痛快!飛ばし塾』

youtu.be

この動画は、月刊ゴルフダイジェスト2017年8月号から始まった新連載「安楽拓也の痛快! 飛ばし塾」と連動。そちらもチェックしよう!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.