ツアーの現場から最先端の情報を入手する地獄耳・ケンジロウ。今回は、2017年7月20日に開幕する全英オープンの会場・ロイヤルバークデールから、松山英樹の様子をレポート。

全英オープン開幕まであと2日。松山英樹の様子は?

日本のみなさまおはようございます。イングランドのサウスポートからお届けしております。ピンと来た方は多いでしょうね。そうです、今週は全英オープンですよ。

画像: 18番グリーンわきで記念撮影するギャラリー

18番グリーンわきで記念撮影するギャラリー

リバプールから北に車を30分ほど走らせたところにあるロイヤルバークデールGCで行われます。コースについてはまた後日紹介しますね!(^^)!

画像: 18番グリーンを撮影。思ったより狭い

18番グリーンを撮影。思ったより狭い

何といっても注目は松山英樹選手。日本人初のメジャー優勝に期待がかかりますねー。

松山選手は先々週のアイリッシュオープンからもうこちら側に来ていて、先週はテニスの全英オープンを観にウィンブルドン行くなどしていたみたいです。もうすっかりこちらの時差にも慣れていますね~。

画像: 先輩の谷原プロとグリップ談義する松山

先輩の谷原プロとグリップ談義する松山

金曜日からサウスポートに入り、土曜日、日曜日とそれぞれハーフのラウンドを行い、初めて回るロイヤルバークデールの感触をつかんでいました。そして月曜日はショットの練習とアプローチパットの練習のみで軽い調整。

練習場では手を離すシーンがよく見られ、ショットは納得がいっていない様子でした。

画像: トラックマンの数値を見ながらアイアンを入念に打っていた

トラックマンの数値を見ながらアイアンを入念に打っていた

トラックマンでアイアンの数値を見ながら打っていましたね。いったいどの数値を見ているのか? 気になりますよね~( ..)φメモメモ

アプローチではバンカー越えの際どいアプローチの練習をしていましたよ。こちらがその写真

ペタペタなライからフワッとボールを上げて止めていましたね。ライはだいぶシビア…( 一一)

明日の火曜日は谷原先輩と一緒に10時すぎ(日本時間午後6時)にスタートする予定です。

写真/姉﨑正

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.