独自かつわかりやすい飛距離アップレッスンに定評のある“雑巾王子”こと武市悦宏プロ。以前は220ヤード程しか飛ばなかったが、独自に編み出した『ツイスト打法』によって、たった1年間で300ヤードまで飛距離アップに成功。166センチと小柄なのにどうしてそこまで飛ばせるの? そのスウィングをさまざまな角度からじっくりと紹介しよう。

1年間で100ヤードの飛距離アップ!『ツイスト打法』とは?

画像: #1『ドライバーショット 全方位図鑑』武市悦宏のドライバー飛距離アップの極意【ゴルフライフwithTOYOTA】 youtu.be

#1『ドライバーショット 全方位図鑑』武市悦宏のドライバー飛距離アップの極意【ゴルフライフwithTOYOTA】

youtu.be

小柄な体格にもかかわらず300ヤード以上も飛ばせるのはなぜか!? その秘密を探るため武市プロのドライバーショットをさまざまな角度から撮影。

正面や後方からのスウィングはもちろんインパクト前後のヘッドの動き、さらに体の各部位にもフォーカス。また、打ち出し方向からのスウィングなど普段では見られない映像もまじえながら、誰でもカンタンに飛距離アップできる『ツイスト打法』の動きをじっくり見ることができる。

腕・足・腰など各部位の動きに注目

さまざまな角度からスウィング映像をチェックする際、全体の動きはもちろん体の各部位に注目すると『ツイスト打法』の秘密が見えてくる。

「飛距離は筋力ではなく体の使い方次第。飛ばない人はただパワーを逃がすような体の使い方をしているだけ。『ツイスト打法』のスウィングが理解できればパワーの出し方がわかるので、体は大きいのにあまり飛ばない人や力のない女性、シニアの方はいま以上に必ず飛ばせるようになります。腕、足、腰など各部位の動かし方をじっくり見てもらい、スウィングイメージを頭に焼きつけてください」(武市プロ)

画像: 普段見ることのない全方向からのスウィングを見てどの部位がどう動くか注目しよう

普段見ることのない全方向からのスウィングを見てどの部位がどう動くか注目しよう

武市プロのレッスン動画に加え、武市流クラブ選びのうんちく・車にキャディバッグが何個乗るの?などゴルフと車の情報いっぱいの『ゴルフライフ with TOYOTA』も、ぜひチェックしてみよう!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.